2010.05.18

第一印象UP!もう一度会いたい人になる方法

大勢で話しているときには気がつかなくても、いざ一対一で話してみると、会話が続かなくて困ったことがありませんか?気まずい雰囲気にならないように会話をつづけていくコツをご紹介します。

笑顔

笑顔は相手に安心感を与えます。意識して口角をあげてみてください。笑顔でいることが相手に伝わることが大切です。また恥ずかしいからといって目線を合わさないようにしていると、相手は不信感を感じます。できるだけ相手の顔を見て話すようにしましょう。

話をするときは、口を大きく動かすようにしましょう。緊張していると、つい早口になってしまうということがありますが、相手が聞き取れないと話が続かなくなってしまうこともあります。ふだん声が小さい人は意識して、大きな声で元気に話すといいでしょう。

質問をする

相手の話を引き出すために、いくつかの質問を用意しておきましょう。共通の話題が見つかれば一緒に会話を楽しむことができます。

食べることは誰でも興味のあること。甘いものが好きな人なら、おすすめのスイーツを。お酒が好きな人なら、どんなお酒が好きなのか話題をふれば、喜んではなしてくれるはずです。

ほかにも旅の話、好きな動物、スポーツなど、相手の興味を探る質問を用意しておけば、安心です。テーマをしぼり、自分自身も日頃からアンテナを張って情報を仕入れておくと、相手に喜んでもらえる話ができるかもしれませんね。

あいづちをうつ

相手が返してくれた内容については、あいづちを打ちましょう。こちらが笑顔で話を聞いてくれるとわかれば、相手も話をしてくれます。肯定的に受け止めることで、お互いが相手に対し、いい印象を持つことができます。

身だしなみ

人は内面が大切。でも、それと同じくらい外見も大切です。
必要以上におしゃれをすることはありませんが、服装や髪形は相手に不快感を与えないように気を配りたいものです。
また指先も意外と目に付きます。伸びた爪はきちんと切りましょう。

目に付くところを整えておくことは、自分自身を落ち着けることにもつながります。自信をもってふるまえるでしょう。

さいごに

人との会話は、脳を活性化させます。まずは自分が楽しい気持ちで接することが大切です。
楽しい気持ちは、相手の楽しさも引き出します。まずは笑顔で話しかけてみてください。

関連記事