2013.03.09

効果覿面!男性イチコロの甘え方・5選



甘え上手になることは、人生において得しかないです。甘える事ができる素直さとしたたかさを身につければ、向かうところ敵なし!今回は、男性イチコロの甘え方ご紹介したいと思います。

1.弱さをみせて助けを求める

「〇〇くんって家電詳しかったよね?教えてほしいんだけど」と、相手の得意分野で助けを求めてください。人間、みんな必要とされたいし、誰かの役に立ちたいという欲求があります。

お願いされた方は、あなたの役に立つよう全力をつくしてくれるでしょう。面白い漫画を聞く、PCの操作を聞く、なんでもいいです。親密になるきっかけをつくりだしましょう。「やっぱり〇〇くんに聞いてよかった」「なんでも知ってるんだね」と褒めることを忘れずに。

2.相談事をする

「ごめんね。あなたにしか話せなくて」「迷惑じゃない?」と気になる彼に相談事をしましょう。

本音で語り合う事ができますし、彼が慰めているうちに、恋だと勘違いしてくれます。「あなたに話してスッキリした」「今度はあなたが相談してね」と信頼と安心を勝ち取りましょう。

3.連れて行ってもらう

バーベキュー、花見、旅行などの話に持って行き、「行きたいなあ」とポロっとつぶやいてください。彼があなたに興味があれば「いいよ!車出すよ」「一緒に行こう」と誘ってくれるはずです。

「いいの?悪いよ」と言いつつも、おもいっきりテンションをあげて喜びを表現しましょう。相手も、恋愛対象としてロックオンしてくれた瞬間です。このチャンスは逃さないようにしましょう。

4.もうちょっとだけ一緒にいて、とお願い

楽しかったデートの帰りに、「もう少しだけ一緒にいていい?」と言われたら、男性はイチコロです。なんて可愛い子なんだろう、とドキドキさせてあげてください。

お持ち帰りして欲しいという風にも捉えられてしまうので、言い方などは工夫しましょう。

5.腕を組んだり、袖を引っ張る

甘える仕草として、急に腕を組まれたら男性はイチコロです。常に女性に触れたいと思っているので、相手から触れてくるなんて、ドキドキしないわけがありません。胸が当たるか当たらないか、ギリギリを楽しませてあげましょう。

また、一緒に歩いているとき、袖を引っ張って歩くのは反則的に可愛い仕草です。この行為を嫌いな男性はいません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?男性は、ベタに弱いです。相手から出してくれた甘えに全力で反応してくれます。いやらしくない甘え方を身につけましょう。

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事