2013.03.10

合コンを最大限に活用するための心構え・6選


合コンは男性と知り合う場です。まずは、お友達になるという意気込みでどんどん開いていきましょう。なにごともやってみなくては分からない!

今回は、合コンを最大限に活用するための心構えをご紹介します。

1.一回限りにしない

一回の合コンだけでは、相手もあなたも魅力を伝えきれません。相手にもチャンスをあげましょう。

初回が飲みの席なら、次はカラオケやボーリングなど、相手の違った一面が見られる場所を設定するのがオススメです。男性が気を使えるかどうかなど、判断材料を増やしましょう。

2.男性陣の友達に期待する

相手があなたのことを知って、あなたに合う男性を紹介してくれるかもしれません。趣味や考え方、雰囲気がピッタリの男性がいれば、引き合わせてくれる可能性があります。

その場のメンバーに興味が持てなくても、彼らの友達に期待しましょう。

3.メールアドレスは絶対に交換する

連絡先は教えるスタンスでいてください。幹事にまとめて教えてもらう段取りをつけましょう。そして、次の日のお昼頃にお礼のメールを入れてください。

社交辞令と思われないために、次回も企画している真実味をにおわせてください。メールのやりとりは、あくまでもサラっと。アピールは次に会ったときに備えておきましょう。

4.必然性をつくる

気になる男性がいれば、また会う必然性をつくってください。花見に行きたい、美術館に行きたい、なんでもいいです。その場で、約束を取り付けてください。

また、Twitterなどをやっていれば教え合いましょう。気になって自分のアカウントをのぞいてくれて、共通点や好きなものなどが合えばまた話は膨らみます。

5.初対面で決めつけない

大人になるにつれて、一目惚れをしなくなります。初対面でその男性をアリかナシか決めつけてしまうと、本当は素敵な男性なのに恋愛対象に入れる事もしないでチャンスを自ら逃してしまいます。可能性を排除してはいけません。

この中だったらこの人がいいなとプラスに考えましょう。前向きに考える事で、恋愛がしやすい脳に切り替わります。

6.自分よりも可愛い子をひとり呼ぶ

あなたより、可愛いひとを1人メンバーに入れてください。女性は、呼ぶひとを考えるときに自分がチヤホヤされたいため、ルックスが自分より劣るひとを呼びがちです。

自分より美人を1人入れる事で、美人は高嶺の花と映り、あなたが自分にはちょうどいいと男性に思わせることができます。男性は、クラスのマドンナに振られて来ているので、2番の女性を好きになるのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?合コンであなたの人生をより豊かにしていきましょう!

(岡田トオル/ハウコレ)

関連記事