2013.03.13

自分をプロデュースしてモテる方法・6選


あなたの周りのモテるひとが、なぜモテているのか。それは、自己プロデュース能力が高いからです。自分のスタイル、考えなどポリシーを持っているかどうかがモテにつながります。今回は、自分をプロデュースしてモテる方法をご紹介したいと思います。

1.なりたい自分を思い描く

自分がどうなりたいのか考えましょう。大勢の人からチヤホヤされたい、好きなひとに振り向いて欲しい、絶え間なく彼氏が欲しい。どうなりたいか頭の中で、細かいところまでイメージしてください。

なりたい自分が分からなければ、プロデュースはできません。憧れのひとを見つけるのも手です。

2.今の自分を分析する

なりたい自分をイメージしたら、次は今の自分を分析しましょう。なりたい自分になるために、なにが足りないのか。

例えば、自分に自信を持っている女性になりたかったら、なにがあれば自分に自信を持てるか考えてみましょう。そこで他人と比べてしまってはいけません。

3.たどり着くルートを考える

今の自分から理想の自分へとたどり着くには、どうしたらいいのか、方法を考えましょう。着ている服、食事、睡眠、お金の使い方など、ゴールが見えていれば自然と決まってきます。

普段の生活から変えて行かないと、人は変わりません。時間とお金の使い方は、たくさんの時間とお金をかけてでも考えてください。

4.自分のことを人に話す

自己プロデュースは自分を客観的に見る事が大事です。人に自分がどうなりたいか、どういう考えを持っているか話してください。

人に話しているうちに、自分の中でも論理が構築されたり、発見があるので恥ずかしがらずに話していきましょう。共感してもらえたら、そのひとはあなたのことが好きになっているはずですよ。

5.向上心を持ち続ける

ある程度、満足のいく自分になれたからといって満足してはいけません。現状維持は、後退を意味します。いつまでも向上心を持ちましょう。

そのためにも、定期的に、自分が今どうなのか、日記のようなものをつけてみましょう。また、朝起きて、今日やっておくべきことを毎日設定するのもいいでしょう。

6.出会いを大切にする

なりたい自分を手に入れる過程で、大事にして欲しい事は、ひととの出会いです。他人は自分を写す鏡です。あなたが素敵であれば、素敵なひとが寄って来ます。

モテは評判です。評判の悪いひとはモテません。全てのひとに丁寧に接しましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?自己プロデュースを徹底して行い、人生も恋愛も成功させましょう!

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事