2013.03.13

【第3弾】先輩仮面が伝授!新卒面接時の細かすぎて伝わらない5つのポイント

こんにちは。人事仮面の同じ部の先輩、先輩仮面いうもんどす。よろしゅうおたの申します。元々は音楽業界で所属アーティストのマネジメントをやってたんですけど、5年ほど前に人事職へ転身しました。

面接の重要なポイントは人事仮面の方から聞いてはるやろし、僕からは、人事仮面からは聞けへん、規律厳しい音楽業界で培った僕が得意とする、細かすぎて伝わらへん面接時のポイントを5つ伝授しよ思います。

1.時間基準は会社にある!

オフィス内いうんは意外に掛け時計が少のうて、それぞれがデスク付近にある機器から時間を確認してはるんですわ。その中で基準としてみてはるんが固定電話orPCに表示されてる時間なんやな。ほんで、なぜかその時間はズレてるケースが多いんですわ。

つまり、あなたの時計に表示されている時間はあてにしたらあきまへんえ、いうことです。担当者が見てはる時間が遅れてたらラッキーやけど、進んでたら運命を左右する事態にも発展します。

時間通りに到着したはずが、5分の無断遅刻扱いになることもありますさかい、5分の時差を意識して行動しはったほうがよろしおすな。

2.到着が早すぎたら

早めに会社に到着するのは良いことです。せやけど、はよ到着したいうても、相手を呼び出してええタイミングいうんがあります。たとえば会社に着いて、自分で受付から内線電話をつこて担当の人を呼び出さなあかん場合。

約束時間の10分以上前に呼び出さはる人もいはりますけど、対応しはる人からしたら、片づける予定やった仕事を中断しなあかんようになって、困らはります。

到着が早すぎた場合は受付の内線電話に表示されてる時間を確認して、一旦入口付近から離れて時間をつぶし、約束時間の5分くらい前に相手を呼び出すんが正解どすえ。

3.ペットボトルはお持ち帰り

最近、飲み物を紙コップとちごて、ペットボトルで出さはる会社が増えています。面接終了後、就活生のみなはんはそのペットボトルをどうしてはりますか?

ここは、ストレートに「頂いてよろしいでしょうか?」と一言伝えて、持ち帰るようにしましょう。相手の立場になったら分からはると思いますけど、せっかく取り出したペットボトルを元の場所に戻すのはなかなか面倒なことどす。飲みかけやったら尚更。給湯室で残り分を捨てた後、ペットボトルを潰して、ゴミ箱に入れる作業が…

担当者としても、内心持ち帰って欲しいわぁと思ってるんで、持ち帰ったげてください。

4.エレベーター前での挨拶

面接終了後、担当者にエレベーター前まで見送られるわけですけど、エレベーターに乗った後も気を抜いたらあきまへんえ。最後の挨拶が待ってます。面接終了の安堵感から、おじぎした後すぐに頭を上げてしまはる人がいはりますが、その光景を思い浮かべてみなはれな。

まるで高級デパートで見かけるお得意様に頭を下げっぱなしの見送る店員の光景でっしゃろ。しかも、店員側は面接官。これはちゃいますやろ?ドアが閉まるまで頭を下げることを忘れたらあきまへん。

5.面接終了後のお礼メール

面接終了後、ほんまに入社したい思った企業やったら、お礼メールを送るようにしましょう。内容は面接を受けて入社したい気持ちが強くなった、っちゅう内容にしはったらええと思います。

就活生の中には、いっぱい候補者はいるのに、そんなメールしたら逆にうっとうしがらはるんちゃうやろか、て思わはる人も多いみたいですけど、会社に入ったら打合せをした(外部の)相手にお礼メールを送るんがマナーどす。

面接の担当者も同じ会社員やさかい、お礼メールはプラスの印象を与えます。特に中小企業やと採用宛のメールは管理職も共有して見ている場合が多いので、こういう行為が好きな管理職の目に留まればチャンスが広がりますえ。

おわりに

どうどした?就活本にも載ってへん、人事仮面も教えてくれへんかったような面接のポイントを分かってもらえたんとちゃうやろか。そんな細かいとこを、て思わはるかもしれんけど、こういうちっちゃいポイントが周りと差をつけて一歩リードするもんどすえ。これを忘れんと、面接おきばりやす。ほなおおきに、おやかまっさんどした。



<先輩仮面プロフィール>
人事仮面の2年先輩。デキる男・人事仮面の活躍と人気を目の当たりにし、自分も先輩として、ここらで就活生に対してなんらかのアクションを起こしていかねば、と焦りを感じている。重箱の隅をつつくような細かい人間だが、礼儀作法を重んじており、目上の相手にも好印象を与えるテクニックを熟知する。ゆくゆくは実家・京都の呉服屋を継ぐことが決まっている。出没地は代々木公園。
関連キーワード

関連記事