2013.03.21

祝・仲里依紗!授かり婚の意外なメリット・8選


俳優の中尾明慶さんとの結婚を発表した仲里依紗さん。妊娠3ヶ月のおめでた婚であることが話題になっています。

昔ほど抵抗感がなくなった「できちゃった結婚」。今では「授かり婚」とポジティブな言葉で呼ばれていたりしますが、その実情はどうなのでしょうか。

今回は、「実はメリットも多いできちゃった結婚」について考えてみました。もしできちゃったとしても、あわてずに彼との明るい未来を考えてみてはいかがでしょうか。

1.結婚のきっかけができる

なかなか結婚のタイミングをつかめなかったカップルでも、赤ちゃんが結婚前にできると、いいきっかけになる場合もあるそうです。

できちゃったからといって慌てずに、彼との未来についてポジティブに考えましょう。

2.仕事に支障がでない

女性の社会進出が進んでいるとはいえ、結婚や出産を理由に、キャリアをあきらめる女性はまだまだ多いことでしょう。

筆者が学生時代の頃は、就活をする傍ら、子作りに励む女友達がいました。学生の間に赤ちゃんを産んでおけば、仕事が軌道に乗ってきたころに「寿退社」なんてことにならなくて済みます。女性のキャリアを考えるうえでも、実は賢い策なのかもしれませんね。

3.「子供を育てよう」という責任感がうまれる

できちゃった結婚は、授かった命をきちんと育てようという覚悟ができたということ。

自ずと責任感も生まれますし、「生む」決断をする時点でそのカップルには責任感があるということなのです。なので、これから先の未来も安心です。

4.会話に困らない

新婚生活は毎日夜遅くまで喋っても喋り足りないぐらいですが、日が経つと段々と会話が少なくなってくるようで、新婚早倦怠期を迎えてしまう夫婦も。

しかし、できちゃった結婚の場合は子供の成長と共に話題が次から次へと出てくるので、会話に困らずに済みます。

5.若いママになれる

元モーニング娘。の辻希美さんやモデルの益若つばささんなど、若くておしゃれなママって芸能界でも話題になっていますよね。

子供と一緒に遊びたい、などの理由で、早く子供を欲しがる男性も多いです。早い段階での妊娠がメリットとなるケースです。

6.子供を授かれる

意外と欲しいときにできないのが赤ちゃん。結婚してから苦労するカップルも多いそうです。できちゃった結婚をすれば、結婚してから「子作りしなきゃ」と焦る必要もありません。

結婚のそもそもの目的は、子供を産み、愛する男女が協力して子育てに励むことにあるので、たとえ順序逆転と言われても、おめでたいのです。

7.周囲のプレッシャーから解放される

「こどもはまだなの?」と自分や彼の両親からプレッシャーを与えられることがなくなります。

アツアツの新婚生活に邪魔な、おせっかいもなく、かわいい赤ちゃんと大好きな彼と楽しい新婚生活がおくれること間違いなし!

8.オトナの色気が出る

子供をあやす姿は包容力を感じさせ、男性の甘えたい心を呼び覚まします。また出産後は体つきがより女性らしくなりフェロモンもむんむん。

これぞ、オトナの女のエロス。20歳そこそこの独身女子にはない魅力といえますね。きっと男性からの人気アップにつながるはず。

おわりに

いかがでしたか?できちゃった結婚の8つのメリットについてお話ししてみました。

「計画性がない」「だらしない」などの意見も多数あるできちゃった婚ですが、愛の形はさまざまです。周りの意見や形式にとらわれず、自由な恋愛・結婚を楽しみましょう。

(吉沢みう/ハウコレ)

関連記事