2013.03.22

自分史上最高の小顔を作るベースメイク術

「小顔メイク術」といえば、基本のベースメイクの上にハイライト・シェーディングを入れる方法が一般的。でも、「もっと小顔に見せたい!」と願っている方も多いのでは?今回は、ファンデ・コンシーラー・ハイライト・シェーディングパウダーなど、ベースメイクに使うコスメを総動員して、自分史上最高の小顔を作るベースメイク術を紹介するよ!

【ポイント】
■色の濃淡を付けて小顔に!
■コンシーラーをのせた後にパウダーを重ね、濃淡をしっかり付ける

濃淡の付け方まとめ

まずは、濃淡の付け方をまとめて見てみよう!

■顔全体→やや暗め
■鼻筋・目の下・鼻下・アゴ先→明るめ
■目と鼻の間・こめかみ~頬→暗め

では、早速やり方を見ていこう!

濃いめのリキッドファンデ


まずは、いつもより少し濃いめのリキッドファンデーションを顔全体にのせる。この後使うコンシーラーと色を対比させ、小顔を作るよ。

明るい色のコンシーラー


明るい色のコンシーラーを写真のように縦に入れてシャープさを出す。鼻の下とあごは逆三角に入れると、錯覚効果でよりシャープに見えるよ。

のせたコンシーラーの形を崩しすぎないように、縦にぼかしていく。小さめのスポンジを使うとやりやすいよ。

濃いめ色のコンシーラー


濃い色のコンシーラーを写真のように入れる。こうすることで、シェーディング効果があるよ。コンシーラーを入れた後はスポンジでぼかそう。

パウダーをのせる


明るめのコンシーラーをおいたところに明るめのパウダーorハイライトをのせる。


濃いめのコンシーラーをおいたところにシェーディングパウダーをのせる。

コンシーラーの後にパウダーを重ねて、濃淡をしっかりと付けるよ。

フィニッシングパウダーで仕上げ


最後にフィニッシングパウダーで全体をなじませて自然に仕上げる。くるくるとブラシを動かすよ。

完成!

小顔になるベースメイクが完成!シェーディング・ハイライトだけで作る小顔メイクよりも、しっかりと小顔効果を発揮してくれるよ。更に、チークはピンクよりもオレンジを使うと小顔効果がアップ♪自分史上最高の小顔を手に入れちゃおう!

(モデル:荒井真由)
(ヘアメイク:弾塚凌)

関連記事