2013.03.22

中二病男子がよく使うセリフ・6選


中二病という言葉を知っていますか?他人とは違うというキャラクター作りなど、男子が中学二年頃に取りがちな痛い行動の総称です。中二病男子と付き合うのは、かなりイケてないので、気をつけましょう。今回は、中二病男子がよく使うセリフをご紹介していきたいと思います。

1.このバンド、昔から知ってた

自分は他人よりアンテナが高いということを示すセリフです。バンドやお笑い芸人、映画など流行る前から知っていたという優越感がなにより大好きなのです。

カルチャー全般に対して、造形が深いことはいいことだと思っています。それが、なににもならないことに気がついてはいません。格好わるいのです。そういった男性には気をつけましょう。

2.やっぱりブラックだよね

コーヒーはブラックで飲むのが、格好いいというイメージにとらわれて生きている男性がいます。そんなことはありません。好きなものを飲めばいいのです。

焼き鳥は塩、映画は字幕、読むなら純文学など、自分の中での格好いいことの基準が安直なのです。こういったいきがった一面を持っている男性は多いです。あなたの周りにも必ずいるので、見つけて観察してみましょう。

3.大衆受け狙ってるね

流れている音楽に対して「昔はこんな楽曲つくってなかったけどな」「売れ線意識してるな」などと、音楽に詳しくないのに分かったつもりでいる男性は危険です。

あなたのことも評論しだして、分かったつもりになってしまいます。

4.ラーメンは詳しいよ

ラーメン屋に詳しいことに、プライドを持っている男性は、心がガキんちょです。魚介ならあそこだ、あの店は味が落ちたなど、自分のほうがおいしいラーメン屋を知っているというゆずれないものがあります。

しょうもないプライドです。付き合っていくとしんどいです。

5.ドコモはダメだよ

メジャーなものをとにかく嫌います。ケータイシェアが一位のドコモは中二病からしたら、メジャーです。iPhoneこそ正義、Androidユーザーはニセモノという認識です。

自分のことが大好きなので、自分と違うキャリア、メーカーのものは排除したいと考えています。アップル信者が多いでしょう。

6.おれ集団行動苦手なんだ

中二病男子は、ひとと同じ事を嫌います。集団行動は苦手、同窓会や大きな飲み会は、いやいや参加するスタンスです。

集合写真などでも、はじっこにいるタイプです。ノリは悪いでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?中二病男性は、可愛げもありますが基本的にダサいしガキです。気になる彼がそうでないことを祈りましょう。

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事