2013.03.22

モテの代名詞!フェリス女子が男受けする理由・6選


大学生になったら素敵な彼氏を捕まえたい!と思っているそこのあなた。大学名を言うだけでモテる女の子っているんです。その代名詞こそが「フェリス女学院大学」。でも、フェリス女子じゃないからって嘆く必要はありません。彼女たちの「モテる理由」を分析すれば、あなたもスーパーモテ娘になれるかもしれません。なぜ彼女たちはモテるのか、その秘密に迫ります。

1.言わずと知れた名門校

フェリス女学院大学の発祥は1870年。女子校として最も古い歴史を持ちます。今でこそリベラルな教育方針を持つ女子大は多いですが、女子大は「良妻賢母」・「大和撫子」を育てているという古くからの印象があり、お嫁さんを探す男性に好かれやすいのです。

特にフェリスほどの名門校になれば、大学名を名乗るだけで「名門校に通っているおしとやかなお嬢様」というステータスで、男性は食いついてきます。ピアノが得意、などなど名門大学に負けない、女性らしいアピールポイントを作っておきましょう。

2.フットワークが軽い

お嬢様学校に入っているということは、ご両親もお金持ち。お金をたくさん持っていると、自ずとフットワークも軽くなります。合コンや、飲み会などなど、さまざまな場所にフェリス女子は足を運び、イイ男を根こそぎさらっていくのです。

数撃てば当たる、とは言いませんがフットワークを軽くすることがモテの秘訣と言えるでしょう。

3.美容の鬼

元来、男性に選んでもらう存在であった女性ですから、多くの女性は「友達の引き立て役」になることを嫌います。華やかな女子大で自分だけ、美に引けを取るわけにはいかず、ファッションには気を抜きませんし、美容にも気を使っています。

フェリス大学が多くの人気アナウンサーや芸能人を輩出したのもそういった理由から。日々ライバルに負けじと美に磨きをかけているのがフェリス女子なのです。美容の鬼になりましょう。

4.慶応大学とのインカレサークルが多い

フェリスと慶応のカップルの話は良く耳にしますね。フェリス女学院大学と慶応大学は学校が近く、フェリス女学院大学と慶応大学のインカレサークルも多く存在します。

中にはフェリス女子限定のサークルも。「フェリス」という名前だけで男性の需要は多く、モテているように見えますが、慶応ボーイだけが男ではありません。積極的にサークルに入って出会いの場を広げましょう。

5.教養もある

さすが名門校だけあって、女性の教育にも特化しており、面倒見が良いと有名なフェリス女学院大学。人材養成や、英語の教育にも力を入れており、中には音楽学部などの女性らしい教育を行っている学部もあります。

おしゃれなフェリス女子は、一見ちゃらちゃらして頭が弱く見えがちですが、時々そんな教養をちら見せしてくるので、男性はそのギャップにメロメロになってしまうのです。

6.男慣れしていないようにみえる

「女子大だから、全然男の子と話したことがないの~」は常套句。彼女たちはそうやって清純派アピールをして、イイ男を根こそぎさらっていきます。「こいつビッチだな」と思われた瞬間に本命彼女候補から外されます。

女子大の人は積極的にこの常套句を使いましょう。共学の人は、無駄なボディタッチは避けるなど、男慣れしていない雰囲気を作り出しましょう。

おわりに

いかがでしたか?フェリス女子がモテる理由を分析してみました。あなたも彼女たちに見習って、スーパーモテ娘生活をエンジョイしましょう!

(吉沢みう/ハウコレ)

関連記事