2013.03.26

おのぼりさんをいかした恋愛テクニック・5選


地方から都会にでてきたおのぼりさん。すれていない感じが男性は好感を持ちます。今回は、おのぼりさんをいかした恋愛テクニックをご紹介していきたいと思います。

1.案内を頼む

田舎から出て来て驚くのは、都会のスポットの多さです。行くべきところがたくさんあります。しかし、おのぼりさんは知識がないので、気になる男性に案内デートをしてもらうよう頼みましょう。

通い慣れたスポットでも、おのぼりさんにとっては新鮮です。そんなあなたの喜ぶリアクションに、男性は純朴ないい子だという印象を受けるでしょう。案内デートなら、気軽にデートに誘えるし、仲良くなれますよ。

2.「友達がいない」と言って構ってもらう

おのぼりさんは、都会に来て間もないため、友達がいません。気になる男性に寂しい事を相談しましょう。友達がいないあなたを放っておくはずありません。

食事やデートに誘ってもらえる隙をつくりましょう。友達がいないため、誘ってあげたほうがいいという、男性にも女性にも嬉しいシチュエーションです。

3.方言を活かす

男性は方言に弱いです。博多と京都など、語尾が上がる方言は、特に好まれます。他の土地から来たのだなと、今一度実感させることができるので、方言はどんどん小出しにしていきましょう。田舎の友達と方言で電話しているところを見せるのもいいでしょう。

なまりが出たら少し恥ずかしそうにするのがいいです。まだまだ都会に染まっていない感じを出しましょう。

4.純粋さをアピールする

田舎が出身だと、のびのびと自由奔放に育っているため素直ないい子が多いです。そのことをアピールしない手はありません。電車の混雑、人の多さ、自然のなさ、都会のせせこましさに驚きましょう。

疲れることも、精神的に弱る事も相談しましょう。弱っている女性を助けたいのが男性です。自分の弱さを隠さないで、本音で話すことが大事です。

5.頼りにする

アルバイトや仕事、友達関係のことなど、たくさん相談しましょう。あなたのことを知ってもらうのです。「他に頼るひとがいなくて」「あなたにしか話せないんだけど」と特別な存在として男性と接してください。

「おれがいなきゃダメだ」「守ってあげなきゃな」と思わせたら勝ちです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?おのぼりさんは恥ずかしいことではありません。どんどん有効活用していきましょう。あざとさが見えるといけないので、あくまでさりげなくが肝心ですよ!

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事