2013.03.27

今すぐ実践したい!Twitterで恋をはじめるコツ・5選


140文字以内の短い発言(ツイート)を入力して、みんなで情報共有するサービス、ツイッタ―。今ややっていないひとのほうが少ないのでは?と思ってしまうほど普及していますよね。

「ツイッタ―のおかげで共通の趣味をもつ友人に出会えた」、「飲み友達ができた」なんて声もよくききます。そこで今回は、Twitterで恋を始めるためのポイントを5つご紹介していきます。

1.プロフィール設定が決め手

あなたのことを知っているひとではなく、知らないひとに向けてプロフィールを書きましょう。学生なら何年生か、OLなら何系の会社か、どんなものに属しているのかはマストで書きましょう。

そして、好きなものをあげましょう。好きな映画、見ているテレビ、芸人の名前、好きな作家、よく聞くアーティストなどを書きましょう。知らないひとでも、「わたしも〇〇好きです」と話しかけやすくなります。

2.顔写真をアイコンに

あなたの顔が分からないとなかなか、興味を持たれません。奇跡の一枚でもいいので顔写真をアイコンに設定しましょう。プリクラはやめておきましょう。

精神年齢が幼い印象を与えます。一番いいのは、可愛く写っているけど、顔が全部見えないものです。どんな女性なのか、想像しがいがあります。見えない部分を勝手に可愛いほうへ想像してくれます。

3.リプライ相手は勘で選ぶ

リプライをする相手を選びましょう。評判の悪いひとや、危なそうなひととは関わらないようにしましょう。実際は仲良くないのにTwitter上では、絡んでいるだけで仲が良さそうに見えるものです。

また、全てのひとにリプライを返すのはやめましょう。たくさんリプライを返して、印象が良くなることはありません。あなたの勘を信じて、返す人を選びましょう。

4.趣味が似ている人をフォロー

好きなものが似ているひと、発言が面白いひと、よくRTされているひとなど自分からどんどんフォローを増やして行きましょう。

その中であなたのことを、気にかけてくれるひとがでてくるはずです。仲良くなれば、ダイレクトメッセージで連絡先を聞いて、メールをするようにしましょう。そこから実際に会うかどうかは、あなた次第です!

5.悩みを書く

あなたが弱っている事を、素直に伝えましょう。「仕事で失敗しちゃった」「落ち込む事があった」など、心からのつぶやきをしてください。

ひとは弱い物です。弱さを見せられることは、一種の強みです。男性は、弱っている女性を助けるのが大好き。助ける事でヒーロになりたいのです。どんどん悩みを書きましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

Twitterをうまく使うことは、現代社会を生き抜く上で必須スキルです。恋愛のチャンスを増やしましょう!

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事