2010.05.21

100円ショップで即買い!超便利キッチングッズ

料理の手間が省けたり、プロ並みに仕上がる便利な調理器具が人気です。
でも、高い!食費を安くできるのが自炊の魅力なのに、
調理器具にそこまでお金をかけられません。
でも、代わり映えしない食事も味気ない…ですよね。
そんな時は100円ショップへGO!!

これさえあれば今までよりもグンと調理が楽チンに、見栄えよく、レパートリーも増える敏腕グッズと出会えます!


パン切りナイフ

パン用の刃が波形になった包丁。
あれ、実はパン以外にも使えるんです。
例えばトマトを切る時。普通の包丁では皮が滑ってなかなか綺麗に切れません。
オニオンスライスも、最表面のヌメリで刃が滑って薄い間隔で均一に切るのは難しい。
肉厚の鶏や豚も、包丁では腕力と体力が必要だけど、パン用ならザックリ切れます。

刺身やタタキ、カマンベールチーズも、
切れ味の悪い包丁だとヨレたり崩れたりしますが、全く大丈夫。
濡れ包丁で切るといいといわれる面倒臭い巻き寿司もそのままカットできますよ。

ピーラー(皮むき器)

皮むきが苦手な方に必須のピーラー。
これも皮をむくだけではない便利な使い方が。
野菜をオシャレに切れて、盛り付けが華やかになるんです。

例えばキュウリ。
まな板の上に寝かせ、端から端までピーラーを滑らせます。最初は皮の部分が多い歪な細長い形ですが、だんだん薄くて綺麗な長いキュウリスライスができます。
ちょっとクルクルッとなっているので、そのままドレッシングをかけると面白い形の立体感あるサラダに。
春雨や寿司飯、サーモンやハムなどをクルクル巻いて生春巻き風にも。大根や人参でも応用可。生でも食べやすく、ちょっとお洒落な一品に使えます。

スライスし終えた最後の方は微妙に残るので、みじん切りにして煮込みや炒め物に使いましょう。

チーズ卸し器

食卓でいちいちチーズをすり卸すほど、我が家の食事はお洒落ではありません。
だから殆ど出番のない器具と思っていましたが…。
ニンジン調理の味方です!
人参を生のまま細かく切るのって億劫。
だからコレでガリガリすってしまう。
ドレッシングと和えると、あっという間に見た目がお洒落な人参サラダに。

火を通さなくてもいいし、繊維が壊れて人参の甘みが引き立ち、子供も喜んで食べます。
ハンバーグやピラフに混ぜて、火が通りやすいうえに青臭さが主張せず、食べやすい。
余りがちなニンジンも、バリバリ使い切れますよ。

クッキー型

お菓子は作るのも食べるのも興味がない私にとって、
製菓用器具ほど無縁なものはありません。
売り場も素通りです。
でも、誰かがくれたハートや花のクッキー型が意外に活躍。

玉子焼きやハムをくり抜く。
食パンやピザ生地、はんぺんをくり抜いてトースターでこんがり。
大きめの型なら、フライパンに置いて中に卵を落として焼くと可愛い形の目玉焼きに。
フライパンの上で卵同士がくっつくのも防げます。

深めの型なら、ちらし寿司や重ねご飯をくり抜いてケーキ風に。
どれも、お弁当や盛り付けにピッタリです。
ハート形4つでクローバーに、など、複数を組み合わせてオリジナルの形を考えるのも面白いですよ。

キッチンバサミ

これぞちょっとしか使わない野菜を切るのに便利。
ネギやニラ、カイワレ大根や豆苗などのスプラウトものは袋の端を切って
水道水を入れてよく洗い、冷蔵庫へ。
使うときに袋の端から出してハサミでチョキチョキ。
味噌汁やめんつゆ、炒め物の鍋に直接チョキチョキ切り落とします。

ネギ類の持つヌメリで切りにくいという難点も解消し、まな板を洗う手間もなし。
スプラウトも使う分だけ根本付近をチョキン。
切ってから保存するよりも鮮度が保たれます。
鳥の皮を細かく切る時も滑らずに楽チン。
春雨なら、戻したままボールの中でハサミで切ると早いです。

おわりに

身近な安物グッズが、頼れる万能器具になるって素敵だと思いませんか?
ぜひ、「アレに使えるかも」の閃きを楽しみながら100円ショップをウロウロしてみてください。
100円だから、外れても笑える範囲ですし、ね。

関連記事