2013.04.12

モテキの長澤まさみにみる!お色気テクニック・5選


皆さんは、映画版モテキはご覧になりましたか?麻生久美子、仲里依紗、真木よう子といった豪華女優が出演しているなか、圧倒的に男性から指示されたのは、長沢まさみ演じる「松尾みゆき」というキャラクター。彼女はモテの王道を行っています。

今回は、モテキの長澤まさみに見る!お色気テクニックをご紹介していきたいと思います。

1.ヘルシーな肌見せ

みゆきは登場シーンから、生足のミニスカートで男性を悩殺しています。彼女は足がとにかくキレイ。女性のルックスを見るときに、男性は足を重要視しているので、胸の大きさに悩むより、足をキレイにして生足を出したほうがモテに近づくでしょう。

また、飲み屋で会話が盛り上がって来たら、上着を脱ぎます。羽織物から、いきなりタンクトップ姿になります。露出度がかなり上がり、男性もドキドキせざるを得ません。一番大事なのは、いやらしく露出するのではなく、健康的な肌見せをする事です。明らかに「狙っている」服装だと男性のピュアなドギマギ感も半減。計算がばれないようにしましょう。

2.無防備に部屋で寝る

みゆきと、みゆきの女友達が幸世の家に泊るシーンがあります。目の前には隙だらけのみゆきがいますが、幸世はさすがにベッドインまでは踏み込めない。こういったシチュエーションは、男にとってはたまりません。

男に期待感を抱かせつつ、男の欲望を全て満たすことはしない。「あと一歩」のお預け状態をつくりだせば、男はかならず妄想を膨らませ、恋に落ちてしまうでしょう。

3.ゲームでじっと目を見つめさせる

主人公の幸世は女性と目を合わせるのが苦手ということで、みゆきがゲームを始めます。「じゃあ目をそらしたほうが、負けね」と言って、それからしばらくお互いが見つめ合うのです。これも男性をドキドキさせる効果があります。

女性と長時間見つめ合うのは、好意がある者同士でしかしないことなので、日常生活の中ではあまりありません。ゲームを利用して、じっと目を見つめさせることによって、男性をドキドキさせ、恋愛モードにさせる上手い作戦と言えるでしょう。

4.ボディタッチ

劇中では、上着を脱ぎ露出度が上がってから、さりげないボディタッチの回数が増えます。これは、相手がドキドキしているところに、畳み掛けでボディタッチを織り込むというテクニックです。

ドキドキはドーパミンを放出させ、恋に落ちやすい心理状態を作り出すのです。常にこうした仕掛けをつくって男性をドキドキさせましょう。

5.寝ぼけたフリをして水を口移し

寝ぼけているフリをすれば、女性から積極的なアプローチをかけるのも恥ずかしくありません。

劇中でみゆきは、水を口移ししてキスをしています。ここまで大胆でなくても、抱きつく、手をつなぐなど、寝ぼけていることを言い訳にできることは、どんどん試して行きましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

松尾みゆきは、男をドキドキさせる名手です。日常生活の中で男性をドキドキさせ、恋愛モードにさせるのが上手いのです。あなたも、みゆきのようにドキドキを生む仕掛けや技を身につけましょう。

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事