2013.04.15

ナルシストの最高峰!エセ春樹系男子の見分け方・6選


3年ぶりとなる新作を発表した作家・村上春樹。多くの人の心を捉える村上春樹作品ですが、それをこじらせてた「エセ春樹系男子(※)」もよく見かけます。

彼らは「物事を俯瞰し、ちょっと悟りを開いたかのような知的でオシャレな自分」が大好きです。え・・もしかして、ちょっとナルシストな私の彼も?!と思ったら、さっそくチェックしてみましょう。

※エセ春樹系男子=村上春樹の作品に影響をうけ、言動が『春樹』っぽくなっている男性のこと。

1.理屈がましい

やたらと御託を並べたがるのがエセ春樹系男子の特徴。「それはあくまで君の主観にすぎないんだ」、「完璧な○○などといったものは存在しない」なんて言いはじめたら要注意。

御託をならべる割には抽象的なので、一緒にいる女性をイライラさせることも多々あるでしょう。

2.悟っている

彼らはいつでも冷静です。きっと浮気がバレたときはこんなセリフで、彼女を唖然とさせることでしょう。

「放って置いても人は死ぬし、女と寝る。そういうものだ」、「たぶんそうする必要があったからだろうね」、「それは仕方がなかったんじゃないかな」

飽きれて怒る気力も失せてしまいますよね。どんなことも決して「自分事」で語らないのが、彼らの特徴なのです。

3.口癖は「やれやれ」

フられそうになっても「やれやれ」、誘拐されそうになっても「やれやれ」。とにかく「やれやれ」が多いのが特徴です。

同じく、「オーケイ、認めよう」にもご注意。喧嘩の途中でこんなことを言われると、女子としてはかなりムカつきますが、春樹系男子なら仕方がありません。

4.比喩がまどろっこしい

「キュウリのようにクール」、「世界中の○○がみんな溶けて、バターになってしまうくらい好きだ」、「まるでカフェ・オ・レの精みたい」などなど、ちょっと変わった表現をつかいます。

言われた方は「…と、いいますと?」状態ですが、本人はクールだと思っているので、わざわざ説明をも求めるのは厳禁です。それこそ「やれやれ。」と思われてしまうのがオチです。

5.料理やアイロンがけをしたがる

エセ春樹系男子は意外と家庭的。ひまさえあれば、せっせと料理やアイロンがけをします。「ハイセンスな日常」に憧れをもっているので、「日曜日の昼下がりに洋楽をかけながらビールを飲み、パスタをゆでる」といったシチュエーションを好みます。

うまくコントロールすれば家事をやってもらえてラッキー!と思いますが、”ハイセンス”にこだわりを持っているので割と一緒に生活するのはやはり面倒かもしれません。

6.真顔で下ネタ

きわどいテーマにも恐れを見せないのがエセ春樹系男子。「僕は射〇した」、「僕が三番目に寝た女の子は、僕のピー―のことを△△と呼んだ」など、照れることなく客観的に下ネタを話します。

彼らにとって性とは、日常であり、芸術であり、自然なことです。決して、飲み会の笑いのネタにするような、下衆なテーマではないのです。

おわりに

いかがでしたか?エセ春樹系男子には「あなたって結構面白い顔してるのね。嫌いじゃないわ」とやや上から目線でアプローチすると、喜ばれるかもしれません。彼らの特性を把握して、上手につきあっていきましょう。

(小嶋もも/ハウコレ)

関連記事