2013.04.18

本命にしていい男かどうかを見極めるポイント・5選


単に付き合うだけなら「イケメンだし、優しいから好き!」でもいいかもしれませんが、結婚も視野にいれた「本命彼氏」なら話は別です。

そこで今回は、女性誌キャリア30年の櫻井秀勲さんの著書『彼の本命になる!技術』を参考に、本命にすべき相手か見極めるためのポイントをご紹介します。

1.将来に同調できるか?

「デートのたびに「かわいい」「美しい」を連発する彼は、もしかしたら、あなたを抱きたいだけなのかもしれません。ところがデートの会話の中に、彼の希望や願望、あるいは夢や目標が出てきたら、それは「あなたと一緒に実現したい」と、解釈できます。」

好きな男性に「かわいい」と言われるのは嬉しいもの。ですが、結婚を視野に入れる時期になっても顔ばかり見ているようでは将来が思いやられます。

夢や目標を持つことは、それを実現することであなたを含めた家族を幸せにすることと重なるのです。彼があなたの夢や目標と同調するような夢をもっているかが大切です。

2.女よりも男にモテる男か?

「企業は男社会です。ここでは、男が使えるような若い男でないと、落第です。いくらあなたがかっこいいと惚れても、男が惚れる男でなければ、出世しないでしょう。」

現代社会でイケメンとされる顔は、一様に女っぽくなり、ほっそりした顔が多くなりました。しかし、出世する男を見抜くプロとも言える料亭の女将や銀座のクラブのママたちは男の顔で大事なのは、がっしりした顎と大きな耳だといいます。

女性にモテそうには思えませんが、これは男性には非常に頼もしくみえる顔であり、責任感や意思の強さを感じさせる、「出世する顔」なのです。本命にするなら、出世する男を見抜きたいですよね。

3.尊敬できる美点があるか?

「結婚前、つまり付き合っている時代には、彼を尊敬する、という気持ちはそれほどないものです。ところが、離婚した女性たちに理由を訊くと「尊敬できなかった」という人たちが、相当多くなります。」

こういった「尊敬できる美点」を、結婚前に見出すべきです。どんな小さな約束も守ってくれたり、雨が降ってきたら自分が濡れても傘をさしかけてくれたり、終電までに必ずデートを終わらしてくれたり。

そういった優しさの中に「尊敬できる美点」がある男性は、夫としても尊敬できる人だといえます。

4.小さな変化に気付いてくれるか?

「愛してくれている彼なら、顔色の悪いあなたを心配してくれるでしょう。食事をしていても、いつもより食の細いところも見抜くはずです。」

彼があなたを「好き」であれば、髪を切ったり、服装が変わったりといった大きな変化には当然気づいてくれるでしょう。しかし、顔色の変化のような小さな変化には、あなたを「愛してくれている」彼しか気づけません。

小さな変化に気づくかどうかは、彼があなたをどう思ってくれているかのひとつの指標になります。

5.あなたの欠点を許してくれるか?

「結婚生活を順調にいかせるためには、結婚前に、しっかりと約束をしておくことが大切だ、と考えています。同じ数の欠点、短所を事前に許し合えれば、これでとても円満な生活が保証されるでしょう。」

女性が完璧な男性を求めるほど、男性も完璧を求めてくるものです。そして、男性が結婚後に妻の欠点をけなすことが多く、それが女性の神経を逆なでするのも事実です。結婚前にお互いの短所や欠点を出し合って許しあうことでいい関係が築けるのです。

もちろん、これには話し合いが必要ですが、この話し合いに応じてくれない男性なら、本命にすべきではないでしょう。

おわりに

いかがでしたか?だらだらと遊びの恋愛を繰り返しても自分には何も残りません。上記5つのポイントをしっかり踏まえて、実りある恋愛をしていきたいですね。

参考文献:櫻井秀勲『彼の本命になる!方法』廣済堂出版

(吉沢みう/ハウコレ)

関連記事