2013.04.29

男がずっと勘違いしている女性のあれこれ・5選



毎日のように、男女の恋愛に関して取材をしたりコラムを書いていたりすると、男女の考え方の違いがものすごくわかります。今回は男性にガツンと言って聞かせないと「男性がずっと勘違いしている女性のあれ」を5つご紹介したいと思います。

取材の結果、以下のことは、彼氏にガンガン言って聞かせないと、男性は「骨身に染みて」わかっていないと思われます。さっそく見ていきましょう。

1. 女性にも性欲があること

男性って、どことなく若い女性に性欲があるのかないのか、よくわかっていません。春山に霞がかかっているみたいに「女性」と「性欲」が結びつかず、ぼんやりしているのです。

 

でも女性にだって、性欲はあります。

ひとりでなんとか満足させたり、Hがしたいということをどう伝えたらいいか分からず、一人悶々としていますよね。男性としては女性から積極的にアピールされて「淫乱で嫌だ」なんて思う人は少ないです。心配しすぎず男子を積極的にベッドに誘ってみれば?

2. AVの行為では、女性は喜ばないこと

AVの多くは男性目線で作られています。女性のして欲しいことよりも、男性のしてみたいことを中心に演出されているのです。もちろん、買うターゲットは男性なのですから、男性好みにすることは当然ですよね。

 

そこをしっかりと理解させておかなければなりません。一緒に過激なAVを見させられたときは要注意。きっと似たようなプレイをあなたに仕掛けてくるかもしれません。

女心を察してくれるだろうなんていう甘い考えは捨てて、嫌なことは嫌とはっきり伝えは?

3. 色素の量は遺伝にもよること

AVはモザイクがあることで、わりと全体が美しく見えるものです。海外モノにモザイクはありません。よってあそこがモロに写っています。リアルすぎて萎えることすらあります。でも日本はいつまで経っても、あそこはモザイクです。

 

だから世の男子達は、かわいい顔をした女性の「あそこ」は常に美しいものであると想像していることがあります(なにも敢えて「きれいではない」と想像することは少ないでしょう)。変に隠されることで、変に女性を美化する男子が増え、「あそこ」の色が黒いと遊んでいる女性であるという概念が日本中を覆っています(ネット上にそういう書き込みはたくさんあります)。

AV男優さんが以前言っていましたが、「あんなの」幻想です。

医者も「色素の多少は遺伝だ」と言っています。多くの勘違い男には、女性からガツンと言ってやればいいと思います。

4. 貯金しないと将来困ること

車が趣味の男性。パチンコや競馬が趣味の男性。キャバクラに通う男性。多いですよね。

仕事をしているんだから、癒しは必要だと自分を正当化して金のかかる趣味に手を出す男性には、貯金しないと将来困ると、ハッキリ言って聞かせましょう。

なんならあなたが彼氏に変わってお金を管理したほうがいいのかもね。

5. 女性の自己主張は男性のそれより強いこと

こういうことは、結婚したあとに知る男性が多いとみえて、結婚後に「うちの奥さんに限って、こんなに気が強いとは思っていなかった」という男性の意見をよく聞きますよね?

 

女性はか弱く従順なものだと、いまだに考えている人はいます。それがあくまで男を落とすための演出だったとしても。でも彼のいいなりになり続ける必要はありません。自己主張をして、それにキレてくるような男は器の小さい男です。女性からガツンと言って聞かせることも必要でしょう。

おわりに

いかがでしたか? 毎回このコラムは、男女どちらの肩を持つわけでもなく、中立的に書きたいと思っているのですが、今回ばかりは、男の肩の持ちようがないです。だってこの5つは当たり前のことですから。でもそれを理解していない男がいますので、女性のみなせん、見つけたら教えてやってください。


女子だってエッチしたい!オトナ女子の艶っぽい誘い方・5選

男性が女性に内緒でがんばっている「エッチに関する努力」5選

しつこい男のあしらい方・7選




関連記事