2010.05.25

iPhoneをもっと楽しく!対象エリア外のiPhoneアプリを使う方法

iPhoneはアプリが充実しているのが魅力ですね。Apple Sotreのアプリライブラリでは、日本だけでなくさまざまな国のアプリが並んでいます。しかしアメリカのニュースサイトなど、日本以外のアプリをインストールしようとすると「対象エリア外」となってしまいダウンロードができません。そのため使用を断念したことも多いのではないでしょうか。

しかし対象エリア外のiPhoneアプリも使用できる方法があります。

ダミーアカウントを作る

対象エリア外のアプリをインストールする方法はとても簡単です。iTunes Storeでふだん使っているものとは別の、ダミーアカウントを作るのです。入力画面でちょっとしたワザが必要ですが、まったくむずかしいことではありません。手順をご紹介しましょう。

アカウント作成の手順

- iTunesを起動し自分のアカウントからサインアウトする
- 右下の「国を変更する」をクリックし、インストールしたいアプリの国をクリックする(アメリカなど)
- サインアップ画面が出たら「新規アカウント作成」をクリックする
- ライセンス画面でOKし、メールアドレスやパスワードを入力する
(メールアドレスは、自分のアカウントで使用しているものと違うアドレスにする)
- 支払い設定画面で「none」を選択する
- 登録メールアドレスに認証用メールが届いているので、この記載リンクをクリックする

無料アプリのみに有効

この方法では無料アプリはインストールできますが、有償のアプリには残念ながら使えません。というのも、支払い請求先が対象エリア内である必要があるからです。しかし無料アプリだけでもiTunes Storeはかなり充実しています。次々と新しく出る無料アプリの中から面白そうなものを探すのも楽しいですね。

最新版もダウンロードしよう

インストールしたアプリはiTunesのライブラリに保存されます。アプリの最新版が出た時は、iPhoneの標準アプリ「Apple Store」に案内が来ているのでチェックしましょう。最新版をダウンロードするときも、作成したダミーアカウントでサインアップします。

おわりに

iPhoneはアプリケーションの豊富さが魅力です。外国のアプリはアイデアいっぱいで楽しい発見もありますね。iPhoneアプリで楽しさの世界をもっと広げてみましょう。

関連記事