2013.05.07

男性をうんざりさせてしまう女性の言動・5選

男性はあまり表情に出さないかもしれませんが、心の中では「またか・・・」と正直うんざりしてしまう女性の言動があります。それらを繰り返せば男性が離れていくのも当然。

あなたは大丈夫ですか?八坂裕子著『頭のいい女 悪い女の話し方』を参考に、チェックしてみましょう。

1. アプローチをしすぎる

「アプローチをしすぎる女の話し方は、先を急いでいるので押しつけがましい。一方通行的に自分自身を営業しようとするきらいがあり、ほとんどの場合、相手に「うるさくてイヤな女」という印象を残す。逆効果である。」

男性にも自分でアプローチをする力はあります。恋人を選ぶことも出来ます。ですからあなたが自分を押し売りする必要はないのです。あなたはただ、相手がアプローチをしやすいきっかけを作ってあげるだけで十分。ゆっくり焦らずに、彼の気持ちが「恋」に変わるよう、思いやりを持って接してみて下さいね。

2. 馴れ馴れしくふざける

「学生時代から知っていたり、会社の同僚だったりすると、その親しさプラス特別の関係でもあるかのように馴れ馴れしくふざける。ちゃかす。からかう。どこまで冗談なのか、彼にしてみれば怒るに怒れないし、笑うに笑えない。」

「いじられる」タイプの方は、この男性のような経験をしたことはありませんか?茶化されたりからかわれたりするのは、決して気持ちの良いことではないですよね。また「いじってしまう」タイプの方は、相手に好感を持っているからそういう言動をしてしまうのでしょうが、それではあなたの気持ちは届きません。

冗談などで彼を茶化すよりは、きちんと彼の話に耳を傾け、その言葉に動いたあなたの正直な心を伝える方がずっと彼には好感を持ってもらえますよ。

3. 警戒心が強い

「警戒心の強い女の話し方は、肩に力が入り、言葉がぼやける。ハッキリと言い切ることを避けて話すので、意見や意識がないような印象を受ける。こころを許すとはどういうことか。感情を見せることである。」

恋に失敗したくない、彼を手放したくない。好かれたい。そういう気持ちはみんな同じです。過去のようなツラい経験もしたくないですよね。けれど、自分の気持ちを正直に相手に見せることが出来なければ、相手もあなたを警戒してしまいます。

もしも怖い気持ちがあるのならば、それを正直に彼に話してしまった方が得策でしょう。「あなたには好感を持っているし、一緒にいて楽しいけれど、でも少し怖い気持ちもあるの。だからゆっくりがいい」と。真剣にあなたを想ってくれる彼ならば、がっかりするどころか、素直な気持ちを話してくれたあなたを大事に思ってくれるはずですよ。

4. なにかにつけて嫉妬深い

「最初は、彼女のジェラシーも魅力のうちだと考えていた彼だけど、近頃は新鮮度ゼロ。飽き飽きしている。彼が話をする女たちに対してだけでなく、彼の仕事や仲間たち、彼の日常生活や未来にまで嫉妬してしまうのだ。」

彼はひとりの人格を持った、あなたとは違う人間だということをまず認識しましょう。彼には、好きなものを食べ、好きな場所へ行き、気の置けない友人達と楽しむ権利があるのです。それにいちいち嫉妬していたらあなたの方が疲れちゃいますよ。

それよりも、彼がいなくても楽しめる時間を多く増やして楽しく過ごし、「彼と会う日は特別な日」「彼との電話は特別な時間」と思えた方が幸せなはずですよね。

5. 結婚がテーマの話ばかりする

「彼女は、恋愛のゴールを結婚だと考えている。そういう恋愛意識でここまでつきあってきた。ところが最近、彼がなにを考えているのかわからなくなった。このまま行って、果たしてゴールまで辿り着けるのか。せめて言葉でなんとか言ってほしい。約束だけでもいい。あせる気持ちを抑えて彼女は話題を「結婚」に持っていくが、反応どころか、彼はそのたびに冷たく無視するのだ。」

結婚に至るまでのケースは恋愛と同じで人それぞれで、これといったルートはありません。でも、この手の話は良く聞くことですね。ならば、ただひたすらに「結婚」を押し付けるのではなく、彼の人生観や恋愛観、結婚観についてもっとよく話を聞いてみましょう。

もしかしたら彼にはひとりで抱えている問題があって、それにより結婚自体を考えられない状況にあるのかもしれないですよ。大事なのは、「結婚」よりも「彼」ですよね?もしも彼よりも結婚が大事だと思うのであれば、潔く彼とは別れて、「確実に結婚をしてくれる人」を探した方が賢明です。

おわりに

いかがでしたか?同じ内容でも、その話し方で相手の受け取り方は大きく違うことがよくあります。お互いに気持ち良く会話が続くような話し方を身に付けて、彼をうんざりさせるどころか楽しい時間を過ごして下さいね。

参考文献:八坂裕子著『頭のいい女 悪い女の話し方』PHP文庫

(水月紗綾/ハウコレ)

関連記事