2013.05.08

セックスを盛り上げる!みだらな話し方・5選



彼と言葉を交わさずにセックスをしていませんか?それではNO、NO!

セックスというのは、単に下半身を結合させるだけの行為ではありません。クリエイティブに頭を働かせ、相手を欲情させる「スポーツのようなもの」。とはいっても、彼氏に「エッチなことを言って」と言われて、「えぇ?!恥ずかしい><」と困惑してしまう女子も多いはず。

そこで今回はアメリカの恋愛サイト「Lovepanky」でみつけたコラムを参考に、「セックスでためしたい、みだらな話し方」をご紹介します。

1.普段言わないことを言ってみる

セックスのときに彼になんて言ったらいいのか、わからない。AVの真似だと引かれそうだし。そんな悩める乙女にはこんな言葉がおすすめです。

「こんなに濡れちゃった」、「あなたの肩、すごくセクシーだね」、「あ~ん、もうすごくおおきい!」、「止めちゃイヤ」

あまり考え込まずに、感じたことや頭に思い浮かんだことを口にすればいいようです。

2.彼の「浮気相手」を演じてみる

「もしお互いに浮気をしていたらどのように感じるでしょうか?男性にとって最もセクシーな話し方とは、わいせつ染みた情熱的な瞬間を想像させることなのです。」

「してはいけない」と言われるとしたくなるのが人間の心理ですよね。レイプされているシーンを妄想しながらセックスをすると興奮するという女性が多いのも、この心理が働いています。

いきなり「あ~ん、私がこんなに感じてたことは、彼女にはナイショよ」なんて言ってしまうと、彼も混乱してしまうので、あらかじめ設定を決めておくといいでしょう。

3.デート中に彼の耳元でささやく

「セックスをする前に彼を興奮させたいなら?帰り道や別れ際に〝彼としたいこと″を耳元でささやいてみましょう」

感じるセックスには、物語が欠かせません。それはベッドの上だけでなく、デートの間からすでに始まっているのです。

「わぁ~こんなにいたずらばっかりしてたら、今日もベッドの上で〇〇くんにたくさん苛められちゃうのかなぁ?こわいよー><」などと言ってみてください。

少しバカっぽくみえますが、彼の前だけはおバカさんな一面をみせてもいいのです。恥じらいやプライドを捨て、快楽におぼれる自分をイメージしてみましょう。

4.ぶりっ子しない

「セクシーに優しく彼の耳元でささやくように言ってみましょう。くすくす笑ったり、可愛く見せようとしたりしてはいけません。」

色気と可愛いは対極にあります。そのため、恥ずかしがりながらぶりっ子をして「みだらな話し方」をすると、中途半端になってしまうのです。どっちつかずな状態にしらけムードも全開になります。

5.トラッシュトークはNG

トラッシュトークとは、スポーツの試合前や試合中に汚い言葉や挑発で相手チームの心理面を揺さぶり、調子を乱すこと。

「彼が好みでない限り、トラッシュトークは使ってはいけません。多くの男性にとって、むだにうめき声をあげたり、理由もなく極度に興奮した表情を浮かべたりすると、性欲が激減してしまうのです」

セックスはふたりで楽しむものとはいっても、リードするのは男性側です。彼のテンションにあわせて、一緒に盛り上がるようにしましょう。

おわりに

「みだらな話し方を学べば、セックスがもっと気持ちよく興奮するものになる」のだそう。

男性は、セックスに対して向上心や探究心のある女性を好みます。肉食女子が増えてきているとはいえ、まだまだベッドの上では「彼の言いなり」になっている女性が多いからこそ、「私はもっとこういうことがしてみたいの」と素直に言える女性が愛されるのです。

参考サイト:How to talk dirty to a guy and sound really sexy(Lovepanky)

(さとみん/ハウコレ)

関連記事