2013.05.09

AKB非選抜メンバーに学ぶ!構ってあげたくなる女の特徴

今年3月にAKB48を卒業した仲谷明香(なかやさやか)さん。非選抜でありながら、ある一定の人気を保つ彼女はAKBの中でも異質な存在。

そんな彼女には「構ってあげたくなる女子」の素質が多く隠れています。そこで今回は、20代~30代の男性の意見もふまえつつ、元AKBの仲谷さんの性格からモテポイントを分析していきます。

1.控え目でひたむき

「飲み会でガンガン攻めてくる肉食系女子は苦手」(30歳/外資系金融)という声もあるように、「自分が自分が・・」と前かがみな女子は敬遠されがち。

多くのメンバーが自らの人気取りに励むのを横目に、仲谷さんが最も力を注いだのは「毎日の公演」。票数を第一とするメンバーに疑問を感じるAKBファンには、仲谷さんの一見地味だけれどもひたむきな姿が伝わっていたのだと思います。大勢いる場所でこそ、一歩引いて笑顔を浮かべてみましょう。

2.小さなことでも「ありがとう」をさらっと言える

「サークルが同じ子で、待ち合わせ場所のURLを送ってあげただけなのに、『ありがとう、すっごく助かる!』と言われてキュンとしました。以前より、意識して見るようになっちゃいました」(20歳/国立大学生)という声もあるように、小さなことでも「ありがとう」と言える女子は、異性からの評判もぐんっとあがるようです。

仲谷さんの著書には、感謝の思いが強く込められています。ファンやメンバー、自分に関わる人すべてへの感謝など、忘れがちな感謝の気持ちを表現できるところがまた彼女の魅力。まずは「1日1回のありがとう」を心がけてみましょう。

3.恨み言・悪口を言わない

「学食とかで女子の悪口大会をよく聞くんですよ。そういう時に、さらっと流して他の話題を振ったり大人な対応をする子って尊敬します」(24歳/私立大学院生)という声もあるように、悪口を言わないことはモテ条件のひとつ。

実は、元AKBの前田敦子さんとは中学の同級生であった仲谷さん。片方は総選挙1位、もう片方は非選抜という状況では、妬みのひとつでも出てしまうもの。しかし仲谷さんはそのようなことはせず、著書の中でも「敗者がいるから勝者がいる」と前向きに捉えています。恨みの感情はその人の表情に出てしまいますのでご注意。

4.努力している

「自分も資格の勉強をしてる身だからか、通勤中やカフェで勉強してる女子に惹かれちゃいます。そういう人は、私生活もしっかりしてる気がする」(32歳・IT系)という声もあるように、自ら努力できる女子はモテるようです。

AKB卒業後の仲谷さんは、飲食店のアルバイトをしながら声優など様々なことにチャレンジしています。彼女の昔からの夢を知っているファンならば、ますます応援したくなってしまいます。現状に甘んじず、向上心を持つ女子に心惹かれる男子、多し。

5.物事を途中で投げ出さない

振られた仕事に文句を言わず取りかかっている姿にやられちゃいました。逆に、簡単な仕事なのに甘えて代わりにやってもらおうとするような子は嫌いです(笑)」(31歳・銀行)という声もあるように、物事に真剣に取り組む姿は思わず助けてあげたくなってしまうもの。

仲谷さんには、幼少の頃より声優になる夢がありましたが、AKBである以上は公演やイベントなど、声優とは関係のない仕事もこなさなければなりません。それらに対し、彼女は弱音を吐かず向き合ってきたからこそその姿がファンに評価されています。

おわりに

いかがでしたか?仲谷さんがAKB時代から実践してきたことは決して難しいことではないけれども、多くの人が見落としがちなことばかり。ぜひ参考にしてみてください。

(井上こん/ハウコレ)

関連記事