2010.05.25

食卓が豊かになるお手軽保存食のご紹介

毎日の生活に欠かせない食事。
「料理が苦手」、「時間がない」などの理由で、
わびしい食生活を送っている人にこそ知って欲しいのが、手軽な保存食。
簡単な調理で日持ちがして、アレンジが効く、嬉しいレシピを紹介します。

にらを刻んで混ぜるだけの万能薬味

にら1束をみじん切りし
かつお節1パック
炒りゴマ大さじ2
しょうゆ大さじ4
ごま油大さじ1
砂糖小さじ1
コチュジャン小さじ1~2を混ぜ合わせるだけ。
調味料は目安なので、お好みで増減してください。

納豆に混ぜたり、冷奴にトッピングしたり、餃子のつけダレに加えたり。
レタスや水菜などの葉野菜と和えると、ドレッシング要らずのチョレギサラダ風に。
卵とお米さえあれば、これと混ぜて炒めてチャーハンを作ることもできます。

もやしの寿命がのびるナムル

沸騰した御湯に塩と酢を少々入れ、もやしを1分ほど茹でます。
ざるに上げたあと、ごま油、を適量入れ全体を混ぜ合わせます。
さらにしょうゆ、砂糖、酢、塩、コショウ、一味を適宜入れれば完成。
もやしを買ってきてからすぐ作るもよし、何かに作った余りを活用するもよし。
調味料はすべてお好みで。目安は小さじ1~大さじ1ですね。

あしが早いもやしも、これなら美味しく保存できます。
食べる食前にごまをトッピングすれば、立派なおかずのひとつ。
ピリ辛で食感がシャッキリしたままなので、お弁当のおかずにも最適。
酢を控えめにすれば、インスタントのスープやラーメンに加えてボリュームアップできますよ。

酒の肴にいろいろ味噌漬け

酒好きにオススメしたいのが味噌漬け。
定番は豆腐です。
味噌を保存容器に入れ、みりんと酒を少し加えて混ぜます(味噌がなめらかになる程度)。
そこに水切りした木綿豆腐を入れます。
漬ける時間に決まりはないですが、最短でも1日置いた方が美味しいです。
日が経つにつれ、豆腐の食感が変わっていくので、
最初は少しずつ毎日食べて、好みのタイミングを見つけるのも楽しいですよ。

チーズのようなコクがあるまったりした味はヤミツキに。
この味噌床があれば、同様にチーズを漬けてもおいてもいいですし、
好みの野菜を漬けてお漬物感覚で食べるのもいいです。

冷凍保存向きの食材

ほうれん草は、買ってきた日に茹でて小分けにして冷凍すれば、
おひたしやお味噌汁の具やラーメンなど麺類の具として大活躍。
解凍する際に水分が出て少し柔らかくなるので、冷凍前は茹で過ぎないように用心を。

2枚1組で売られているうすあげは、一人暮らしだと消費の方法に悩みますが、
冷凍しておくと欲しい時に欲しい分だけ使えます。
お味噌汁に、煮物に、あとトースターでトーストして細切りにしてサラダに加えると、
食感にメリハリがついて新鮮な美味しさを感じられます。

意外なところではパセリ。
あまり買う人は少ないと思いますが、小さいものを買ってきて丸ごと冷凍しておいてください。
凍っているパセリを指でパリパリつぶしながらスープや卵焼きなどに添えると、
パセリ特有の爽やかな香りが広がり、手抜き料理とは思えない満足感が得られます。

おわりに

以上であげたものは、保存にも効き、
とにかく色々な場面で使えるのが便利です。
ぜひお試しになってみて下さい。

関連記事