2013.05.18

性格ブスにみられる習慣・5選


可愛いだけではモテることができません。性格も良くなければ、男性は本命に選んでくれません。「顔は悪くないはずのになぜかモテない・・・」というあなた!知らないうちに、性格ブスな一面を見せてはいるのかもしれません。

今回は、20代男性への取材をもとに、「性格ブスにみられる習慣」をご紹介します。ぜひチェックしてみてください。

1. 他人のアラを報告してくる

 「他人のことを悪く言うひとに良いひとはいない。性格ブスな人は必ず陰口を叩くと思う。そういう人はまた陰口を言われる対象になっている」(27歳/IT)

「〇〇って実は元カレとまだ関係持ってるんだって」「〇〇ってああ見えてすっぴんブスだよ」など、他人のゴシップやアラを話したがる女性がいます。楽しいかもしれませんが、絶対にやめた方がいいです。「私って性格ブスなのー!」と周りに言っているようなものです。

2. 上から目線で批評

「なにも成し遂げてない女性に言われると腹が立つ。上から目線で物を言ってくる女性は、男性から好かれない」(25歳/メーカー)

自分のことは棚に上げて、上から目線で批評してくる人がいます。「ファッション的にはちょっといまいちだね」「もっとできたと思うけどなあ」などと辛口発言を連発し、「あなたは何様?」と思われててしまう女性は、すぐに嫌われます。もっと他に言い方はあるし、態度が悪いので周りから男性が消えて行くでしょう。

3.「でも」と「だって」が口癖

「すぐに「でも」って反論してくる女性はしんどい。話を聞く気がなくなる。コミュニケーション能力がない性格ブスだと思う」(26歳/広告)

なんの話をしていても、トークを奪って「でも」「だって」と否定から始める人は、性格ブスと思われます。ちょっとしたことですが、人間というのは基本的に、否定されるとあまり良い気持ちはしません。そのため、否定語が口癖になっている人と、一緒にいたいとは思えないのです。 

4.自分のミスを認めない

「謝れない性格ブスは意外と多い。ごめんの一言が出ない、頑固者とは話もしたくない。」(29歳/コンサル)

 

 遅刻をしてきても電車のせい、物を返し忘れていても謝らない。「すみません」「ごめんなさい」の一言がスッと言えない人は、どんどん人が離れて行きます。自分は悪くないと思っている横柄さが、一緒にいる人にストレスを感じさせてしまうのです。

5.自分より下の者に厳しい

「部下ができると、偉そうになる女性は見ていてウザい。後輩がかわいそうになる。偉ぶって仕事できますみたいな顔している女性にろくな奴はいない」(27歳/IT

 

後輩など、自分より立場が弱い人に対して態度がでかい女性は、性格ブスです。自分もその立場を経験したなら、態度がでかい先輩は好かれないことを知っているはずなのに、気持ちが良くてついやってしまう。今一度、「自分が後輩だったとき、どんな先輩を素敵だと思ったか」を思い出してみましょう。誰に対しても謙虚な気持ちを忘れずに接してみてください。周りの目が変わってくるはずです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

性格ブスに見られ続けると、自然と周りも性格ブスの人で固まってしまいます。すべては、自分の心がけ一つです。類は友を呼ぶので、素敵な男性を引き寄せたいなら、まずは自分から変わって行きましょう!

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事