2013.05.21

男が「マジで揉んでほしい!」と思っているアソコ5箇所

 

エロネタは割愛します。「アソコ」以外の「アソコ」だって、男性は女性に揉んでもらいたいと思っています。

今回は、メンズエステに勤務しているエステティシャンに、男性は、女性にどこを揉まれたいと思っているのかについて、お聞きしてきました。さっそくご紹介しましょう。

1.肩

「肩をカップルで揉み合うと、よりカップルの絆が深まるとする科学的なデータもあるみたいです。肩こりを知らない男性もいますが、多くの男性は、景気が悪いので働きづめで肩がパンパンに張っているでしょう。彼氏の肩を揉んであげましょう」

以下の項すべてに共通して言えることですが、洋服の上からちゃちゃっと揉むのではなく、マッサージオイルを使用して揉んであげたほうが、男性は喜ぶとのことです。

2.ふくらはぎ

「女性もふくらはぎを揉んでほしい人がいるかもしれませんね。1日の終わりに脚がダルいというのは、ふくらはぎに静脈が溜まっているのが原因だそうです。ふくらはぎをしっかりと揉むことで、静脈が心臓に戻るので、ダルさが解消されると、医学的には言われています。

医学的な理由以外にも、ふくらはぎは、肌が柔らかいので、男性は揉まれると気持ち良くなる・・・ということもあるようです。ふだん、人に触られる場所ではないので、余計に“感じる”のではないかと思います」

なるほど。

3.足裏

「男性だけでなく、文句なしに女性も揉んでほしい場所かもしれません。足裏マッサージ屋さんで、マッサージされながら寝ちゃっている人もいますもんね」

この(3)までは、わりとふつうのボディパーツです。以下の(4)と(5)は、ちょっとキワどい箇所かもしれません。

4.お腹

「メンズエステのなかでも、風俗店ではなく、ふつうのエステ・・・というお店もあります。その店内で、日々なにをしているかと言えば、男性の局部を触らずに、いかに男性を感じさせるか、ということをやっているお店もあります(そうではない“もっとふつうのお店”もあります)。


感じさせるお店は、マッサージオイルをつけて、男性のお腹を揉みます。すると、彼の息子がムクムクと起きてきます」


要するに、男の性感帯=お腹であるということでしょう。たぶん女性もお腹が感じる人がいると思いますが。


5.鼠径部(そけいぶ)

「脚の付け根の内もものあたり・・・というキワどい部分が鼠径部です。東洋医学においては、リンパ液が静脈と出会うところと定義されていて、鼠径部をマッサージすると、リンパ(体内の老廃物)が体外に排出されて、元気になる・・・ということのようです。が、上記(4)とおなじように、男性の隠れた“感じるポイント”のようです」

キワどい場所ですね。

おわりに

いかがでしたか?カップルでマッサージをしあうと、絆が深まるというのは、科学的にも証明されているようです。

ご紹介した(1)から(3)については、毎晩、彼にやってあげる(彼にもやってもらう)ことで、カップルで会話をする以上に絆を深める効果があるかもしれません。(4)と(5)については、“それなりのこと”が起こる可能性もあるので、“そういう日に”揉んであげるといいかもしれません。

(ひとみしょう/ハウコレ)

<オススメ記事>

関連記事