2013.05.28

付き合うと許せなくなる男性の性格・5選


彼氏ができて嬉しい気持ちもつかの間。いざ付き合ってみると、超絶めんどくさい男だったなんて経験はありませんか?そうならないためにも、付き合う前に男をよく見極めなければいけません。

今回は、20代男性への取材をもとに、「付き合うとめんどくさい男性の性格」をご紹介します。

1.SNSのチェック癖がある

「気になる女性の行動をSNSで知れるなら嬉しいと思う男性がいる。やましいことがないなら、聞かれてもいいはずって思っている」(27歳/IT)

普段から、人のTwitterをよくチェックしている男性と付き合うと大変です。あなたがなにをしているか、どんな人と絡んでいるか把握した上で、自分の知らないことがあると直接聞いて来ます。「このアカウント誰?男?」「今日カフェ行ってたみたいだけど誰といたの?」と、SNSの情報をもとに尋問が始まります。まるでストーカーのようで非常に不快な気持ちになるので、気になる男性のSNSのチェック頻度は確認しておきましょう。

2.気分のムラが激しい

「自分の気持ちに正直にだけだよ、と悪気がないからしんどい。めんどくさいなどと言うと、さらに機嫌を悪くするので、一緒にいると疲れる」(25歳/メーカー)

「デートのプランがくずれた」「雨で外を歩けなくなった」と、自分の思い通りにならなかったり、予想外の出来事が起こったりすると、機嫌を悪くする男性がいます。機嫌を取らないといけないので付き合うとめんどくさいです。ちょっとのことでへそを曲げる男性のイライラの矛先は自然と彼女に向けられたりするので、気をつけましょう。

3.趣味がない

「趣味がない男性は基本的に暇だから、彼女に時間を使おうとする。彼女の都合を考えず、「何で構ってくれないんだよ」とイライラしはじめたりするから厄介」(26歳/広告)

 

趣味がないということは、自分の時間の使い方を上手く決められないということです。何も打ち込むことがないヒマな日々を過ごしていると、生きる楽しみや生き甲斐が、彼女だになりがち。

 

そういう男性は、重く、めんどくさいです。彼女と会うことが一番の趣味になってしまうため、「なんで会えないの?」「好きなら会ってよ」と、粘着質にまとわりついてきます。こういった男とは別れるのも一苦労なので、付き合う前に「趣味は何か?」「休日は何をして過ごしているのか?」ということを確認しておきましょう。

4.すぐにつっかかる

「彼女になめられないために、とすぐつっかかる男性は器が小さいです。自分が折れることを覚えていない男性と付き合うと振り回されますよ」(29歳/コンサル)

 話を最後まで聞かずに「それは前にも言ったじゃん」「でもお前も悪いよ」と、すぐにつっかかってくる男性と付き合うと、心が疲れます。冷静にものごとを話せない人とは、堂々巡りの議論になってしまって、建設的な話し合いもできません。彼は感情的になったときどういう態度に出る人か、ということはしっかりチェックしておきたいところです。


5.決断できない

「決められない男性は多い。そういう場合、女性がリードしなきゃいけないから、めんどくさいはず」(27歳/マスコミ)

「どこ行きたい?」「何したい?」「何食べたい?」といつも相手に聞くだけで、自分から提案をしない男性といると、めんどくさいです。いつも選択を任されては、デートも楽しくありません。彼が決断できる人かどうかということは、仲間内で遊びに行ったときに確認できます。「次どこ行く?」と皆で考えているときに、選択肢も提案せずボーッとしているだけだったらアウトでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

付き合うとめんどくさい男性は多いです。自分で見極めなければ、誰も見極めてくれません。あなたの目だけが頼りです。慎重に彼氏を選んで行きましょう!

(白武ときお/ハウコレ)

<おすすめ記事>

関連記事