2013.06.05

村上春樹の大ヒット作に学ぶ!追われる女になるコツ・5選


村上春樹氏の新作が3年ぶりに発売されました。発売日当日に10万部の増刷。発売7日目には100万部を突破。

村上春樹氏の作品がここまで愛される理由の一つは、魅力的なヒロインの存在かもしれません。村上春樹作品の中でも、特に人気のある登場人物5名から「いつまでも追われる女でいるコツ」を学んでいきましょう。

1.気まぐれ女子

「ノルウェイの森」のヒロイン「小林緑」は、突然主人公をポルノ映画に誘ったり、かと思えば手料理を披露したり、突然愛を告白したりもする、とても気まぐれな女の子。

普段は、さばさばとしていてあまり深く物事を考えていないようにみえるのに、「あなた頭おかしいんじゃないの?英語の仮定法がわかって、数列が理解できて、マルクスが読めて、なんでそんなことわかんないのよ?なんでそんなこと訊くのよ?なんでそんなこと女の子に言わせるのよ?彼よりあなたの方が好きだからにきまってるでしょ。」なんて真剣にいわれたら、きゅんとしてしまいますね。

ちょっと男性を振り回すくらいの女の子の方が、男性を飽きさせず魅力的です。

2.自由奔放女子

『ねじまき鳥クロニクル』の笠原メイは、自由奔放な性格。「ヘンタイじゃないんでしょう、あなた?」などと、一般常識のあるひとならぎょっとするようなセリフも平気で言い放ちます。

でも、そんな自分を飾ることなくその時の気分で生きているフリーさが彼女の魅力。ショートホープ、グラサン、小さいビキニ、さらには素っ裸のまま庭で寝てしまう彼女の奔放さを見習いましょう。

常に着飾るのではなく、たまにはラフな格好でギャップを狙ってみてもいいかもしれません。

3.知的女子

『スプートニクの恋人』のミュウは、自分の意見をしっかり持った知的女子。世界を股にかけて仕事をこなす姿が魅力的です。

「どんなことでもそうだけれど、結局いちばん役に立つのは、自分の体を動かし、自分のお金を払って覚えたことね。本から得たできあいの知識じゃなくて」なんて言われたらこの女に一生ついて行こうと思ってしまいますね。

パートナーに頼らず自立することも大切です。ミュウのように、自分の意見をしっかり持ち、男性と対等に渡り合える知識は身に付けておきましょう。

4ツンデレロリ系女子

『ダンス、ダンス、ダンス』のユキは、ツンデレな13歳。主人公が語りかけることに対して一言二言しか返事はせず、「馬鹿みたい」なんて言ってしまう時も。でも、きちんと話は聞いていて、時には「聞かせて?」なんておねだりをする一面もあり、可愛げがあります。

男性は自分よりも弱い者を見ると、「守ってあげたい」と思うものです。たとえ同い年や年下のカレでも、時には彼よりの妹になったつもりで甘えてみてはいかがでしょうか。

5.儚げ女子

『ノルウェイの森』の直子は、いまいち何を考えているかわからない儚げ女子。

「私のことを覚えていてほしいの。私が存在し、こうしてあなたのとなりにいたことをずっと覚えていてくれる?」などと言って、男性を困惑させる場面も多々あります。

こんなことを言われた男性は、放っておけなくなってしまいます。男性の保護本能を刺激する、絶妙なセリフですね。いつも元気な女の子もすてきですが、たまには「風邪ひいちゃった」と仮病をつかって、か弱い一面をみせるのも効果的かもしれません。

おわりに

いかがでしたか?

村上春樹氏の作品のヒロインは、ミステリアスで、自由奔放。知的で魅力あふれる女性ばかり。あなたも、そんな女性を目指してみてはいかがでしょうか。

(吉沢みう/ハウコレ)

関連記事