2010.05.27

iTunesライブラリをすっきり整理!重複した曲をすぐに削除する方法

iTunesは音楽ライフに欠かせないソフトとなりました。iTunesは音楽を聴くだけでなく、楽曲のダウンロード購入やデータ変換などにも大変便利なソフトです。しかしどんどん曲を取り込みすぎて、いつのまにかライブラリの中に同じ曲が重複していませんか?またファイル名だけ存在している場合もありますね。

いらないデータが多くなるとiTunes起動だけでなく、PC作業も遅くなって支障が出ます。しかしこれらをいちいち削除するのも大変です。一発で削除するにはどうしたらいいでしょう。iTunesの重複を一括削除するツールをつかうか、または自分で行うこともできます。


重複した曲をリストアップする

まず重複している曲を削除しましょう。iTunesを起動して「表示」をクリックし、「重複する曲を表示」を選択します。すると重複している曲がiTunesに自動的に表示されます。これでいちいちさがす必要がなくなりました。

Ctrlキーを使って一括削除

一つ一つ選んで削除すると時間がかかります。ここはCtrlキーを使っていっぺんに処理しましょう。削除したい曲はCtrlキーを押しながら選択していきます。選択する際は、データ内容や日付などもよくチェックし、本当に削除してよいかどうか確認しましょう。

Deleteキーを押して削除完了!

Ctrlキーを押しながら削除する曲を全て選んだら、Deleteキーを押します。そうすると選択したすべての曲がいっぺんに消去され、削除が完了します。

ファイルが存在しない曲の削除の手順‐1

ファイルが存在しない曲を削除したい場合は、ファイルが存在しない曲だけのリストを作って一括削除するのが良いでしょう。

‐まず空のプレイリストを作成します。
‐そしてライブラリのミュージックを表示し、全てを選択します。
‐空のプレイリストに全曲をドラッグ&ドロップで追加します。

この作業ではファイルが存在しない曲(!表示)は追加されません。
次に削除したい!表示がある曲だけのリストを作ります。

ファイルが存在しない曲の削除手順‐2

‐次に新規スマートプレイリストを作成します。
‐スマートプレイリストの条件では「プレイリスト」が「先ほど作成したリスト・ではない」と選択しましょう。
‐これで新規スマートプレイリストに、!表示の曲だけがリストアップされます。
‐!表示の曲は、ファイルが存在しない曲なので削除します。
新規スマートプレイリストにリストアップされたすべての!表示の曲をCtrlキーを押しながら選択し、Deleteキーを押して一括削除します。

おわりに

iTunesを使っているといつのまにかデータが増えてしまいがちです。ときどき整理をしてすっきりさせましょう。

関連記事