2010.05.27

センター試験まであと3カ月~集中なしに成功はない!勉強での集中力を高める方法~

勉強に思うように集中できないという経験は誰にでもあるものです。

テスト前といった肝心な時に、集中力を高める方法を紹介します。


気になるものを排除する

勉強しているときに、不意に目についたものに関心がわいて、勉強を中断してしまうことはないでしょうか。目につくところには、気になるものを置かないようにしましょう。気を散らさないことは、集中につながります。

静かなほうが集中できる人と、音があったほうが集中できる人がいます。
音がないほうが集中できるという人は、耳栓で音を遮断するのが効果的です。高価な耳栓ですと、ほとんどの音を遮断してくれます。
逆に音があったほうが集中できる人には、CDで環境の音だけを集めたものがお勧めです。最近では鳥のさえずり、波の音など、リラックス効果が期待できるものが発売されています。

このタイプの人は、好きな音楽を聴くことで気持ちがリラックスして集中力が高まるのです。

運動と睡眠

睡眠不足の状態で集中力を高めるのは難しいでしょう。そんな時は、短時間の仮眠をとりましょう。睡眠は段階が4段階あり、3段階、4段階になると容易に起きられなくなりますが1段階、2段階ならば20分程度ですし、ちょっとの仮眠で、眠気や疲労感が顕著に低下します。くれぐれも長く眠りすぎないことが大切です。

また、授業中で仮眠が難しいときは、血液の循環をよくする運動が効果的です。
肩や首を回すなど、その場で体を動かすだけで脳の働きが活発化し、眠気も吹き飛ぶでしょう。

ストップウォッチ

時間の制限がある場合、集中力は増し効率もアップします。ときには自分で時間の制限をつくることも有効です。効率よく集中して取り組むには、こういった工夫も大切です。

環境

机の高さ、椅子の高さなども自分にあったものを使うと気が散ることがないでしょう。明るさ、温度などにも気を配り、快適な環境を整えるようにしましょう。

紙に書く

集中力を高めるために一番効果的な方法は、目的を紙に書き、貼っておくというやり方です。
「○○大学に入り、将来官僚になる!」
「公認会計士になり、お金持ちになる!」
など、勉強しいている目的を紙に書いて貼っておけば、自然と意識もそちらへ向かうでしょう。常に目標を目にすることで自然とやる気になり、集中ができるのです。


まとめ

もし、集中力がないと、何時間勉強をしていても頭に入ってきません。逆に集中をしていれば、30分でも頭にしっかり入ってきます。集中をするということは、勉強時間の短縮にもつながりますし、時間を有効に使うことにもなります。

関連記事