2013.06.24

「彼氏がいそう」と敬遠されてしまう女性の特徴・5選



それなりにおしゃれも頑張っているのに、なぜか男から相手にされない・・と悩んでいませんか?男からなかなか声がかからない理由は、普段のちょっとした言動にあるものです。

今回は「彼氏がいそう」と敬遠されてしまう女性の特徴をお教えします。

1.ファッションにお金がかかっている女

身につけているものについて聞かれたときに、「プレゼントでもらったの~」などと答えてしまうと、男は、「彼氏がいるのかな」と思います。また、装飾品がおしゃれな女性は、「貢いでくれる男がいるんだ」と思われて、敬遠されがちです。

いつも質素な身なりをする必要はありませんが、ブランドものはほどほどに。「それ、どうしたの?」と聞かれたときは「自分へのご褒美に買ったの。だれもプレゼントしてくれる人いないからさぁ」と言うようにしましょう。

2.高級マンションに住んでいる女

タワーマンションなど、収入に見合わなそうなところに住んでいるとアピールする女は、「男がいます」と公言しているようなもの。こういわれると男は、「パトロンがいる」「誰かと不倫してる」など、勝手な想像をしてしまいます。

たとえあなたが高給取りで“いいマンション”に住んでいたとしても、男にそのことを自慢するのはNGです。「どんな家に住んでるの?」と聞かれても、ざっくりとしたエリアだけを伝える程度にしておきましょう。

3.グルメでデートスポットに詳しすぎる女

最近は女子会ブームですから、美味しいお店や話題のデートスポットに詳しい女性人も多いでしょう。でも、このタイプの女性も、「彼氏といったのでは」と勘違いされがちです。

また、会話の中で「ここ知ってる」「このレストランのワインはほんとに美味しいんだよね」など、「なんでも知っているアピール」をしてしまうと、男の方は気後れしてしまいます。

「あの子は恋愛経験豊富で、いろんなことを知っているから・・俺なんて相手にしてもらえなさそう」とデートの誘いを逃すことにもつながりかねません。

たとえ知っていたとしても、「おすすめの場所、教えてください♪」というスタンスがいるのがいいでしょう。

4.飲み会ではやめに帰る女

彼氏を作りたいなら飲み会も最後まで参加して、積極的にいろんな人と交流したほうがいいですが、たまにははやめに切り上げて家でのんびりしたい・・というときもありますよね。

そんなときは「親が厳しいの」「明日、朝から予定があって・・」と言いましょう。付き合いが悪く、いつもはやめに帰ってしまう女性は、「家で彼氏が待っているのかな」と思われてしまうので、名残惜しい雰囲気を出すのがポイントです。

5.ノーメイクでパンツスタイルの女

外見を磨く努力をせずに、モテるのはよほどの美人だけですから、フツーの女性が「恋をしたい」と思ったら、まずはオシャレにも気を遣うのが当然ですよね。

いつもノーメイクでファッションにも無頓着でいると、男性から「特定の彼氏がいて、新しく彼氏を見つける必要がないのかな」解釈されてしまいます。おしゃれは時間とお金さえかければ誰でもできるものですから、初歩的なところで恋のチャンスを逃さないように気をつけましょう。

おわりに

男は、成功率ゼロの女をあえて口説いたりしないもの。

彼氏がいそうな言動をとると、はじめから恋愛対象外とみなされてしまいます。今の時代、わざわざ彼氏がいる女を略奪して自分のものにしようとするガッツのある男は滅多にいませんから、「彼氏がいる」と思われると、男性から声がかかるチャンスは一気に減ってしまいます。

自分を安売りする必要は全くありませんが、適度なフリーアピールも時には大切ですよ。

(内野彩華/ハウコレ)

<オススメ記事>


関連記事