2013.06.26

意外な穴場!女性が圧倒的に有利な出会い・5選


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

相談者さんたちは、口をそろえるように「出会いがない」「いい男がいない」と嘆きます。でも、本当にそう言い切れますか?

友人の紹介、合コン、勤務先などの「たまたま出会った」というパターンばかりでは、「徐々に出会いがなくなる」のも、「似たような男性ばかり」なのも、「ハズレが多い」のも当然。だからこそ、自ら出会いの場を選んで顔を出すことで、さまざまな恋人候補たちと出会って欲しいのです。

以下、みなさんにおすすめしたい“出会いの穴場”を紹介していきましょう。

1.SNSの“スーツ着用系”交流会

フェイスブックやミクシィなどSNSを活用した交流会は、毎週たくさん行われていますが、その多くは合コンや街コンと同じ「当たり外れの大きい」もの。しかし、平日の夜にスーツを着用して行くビジネス的な雰囲気のあるイベントは、男性の比率が高く女性に有利で、質の高い男性が集まる傾向があります。

イベント選びのポイントは、男女とも参加料金が安すぎないこと。そういう場ほど、下心のある男性が多いので気をつけましょう。特に「女性無料」のところは、質の低い男性が多い可能性が高いのでご注意を。

2. 地元or勤務地にある飲食店のイベント

飲食店の中には、お客さんへのサービスや親睦の意味で、季節のイベントを行っているところが多く、そこは「プチ常連やその友人・知人の集まる」気楽な出会いの場。店やその町という話題や共通点があり、ノリのいい男性も多いだけに、意気投合しやすいのです。

これからの季節は、夏祭りや花火大会、ビアガーデンなど、季節のイベントが目白押しですから、ぜひ参加してみるといいでしょう。

3.フットサルチーム

男女が一緒に楽しめるスポーツの中で、最も男性の比率が多いのはフットサル。多くの男女ミックスチームは、7対3くらいの割合で男性のほうが多く、イコール「恋人候補が目白押し」なのです。

さらに、プレー後の食事会や飲み会も活発なので、仲が良くなるきっかけも十分。もしそのチームに好みのタイプがいなくても、学生時代にサッカーをやっていた人が多いので、「友人を紹介してもらう。合コンを開いてもらう」などのチャンスもあるでしょう。

ちなみに、女性の9割は初心者なので、「ボールを蹴ったことがない」人でも大丈夫です。

4.アウトドアショップ

流行の山登り、デイキャンプ、川釣り、バーベキューなどのアウトドア愛好家は、仲間意識が強く、フレンドリーで面倒見もいいので、恋愛のチャンスは十分。ショップ主催の団体・サークルに入ってもいいし、ショップから紹介してもらってもいいでしょう。

また、アウトドアに加えて、温泉やご当地グルメ、創作体験なども合わせて楽しめるのも魅力。さらに、山へ行かないときでも、ボルダリングやミーティングと称した飲み会など、さまざまな集まりの場を作るのも、アウトドア愛好家たちの特徴です。

5.地域の団体、ボランティア団体

たとえば、地元の祭り実行委員会や各地域の団体。あるいは、子どもや学生支援、エコなどのボランティア団体は、密かな出会いのチャンス。ここに集まる男性たちは、「人が好きでつながりを持ちたい」「誰かと何かを成し遂げたい」という気持ちが強いため、信頼関係を築きやすいのです。

そこにいる男性たちはもちろん、彼らなら「○○ちゃんを友人や同僚に紹介したい」「ウチの弟に会って欲しい」などと世話をしてくれる可能性も高いでしょう。「今まで出会ったことのないタイプ」の男性に出会えるかもしれません。

おわりに

ポイントは、“男女比率”と“共通のテーマ”。男性のほうが多ければ多いほどチャンスや選択肢は広がりますし、共通のテーマがハッキリしているほど距離が縮まりやすいものです。「やったことがない」「そんなに興味がない」というもののほうが、男性に教えてもらえる機会につながり、それがきっかけとなって恋人同士になるカップルも多いのでご心配なく。

合コンや友人の紹介などは、言わば“宝くじ”のような「当たらない可能性のほうが高い」もの。それよりもここで挙げた“当たりくじの多い福引き”で幸せをつかんで欲しいと思います。

(木村隆志/ハウコレ)

関連記事