2013.07.03

オトナ女子のたしなみ!バーで出会いを探す方法・5選


皆さんは普段バーに行きますか?思っているより出会いが多く、きちんとバーを選べれば、いい男性と知り合いになれます。

今回は、バーで出会いを探す方法をご紹介したいと思います。

1.ふところに入る

ステータスや経済力はあるが、なにか満たされておらず、刺激を受けたい人が集まる場所、それがバーです。「自分の弱い部分を見せられる場所」だと認識している人もいるので、相手のふところにも入りやすいです。グラスを傾けながら大人同士の会話を楽しみ、自分の弱みも見せつつ相手の考え方等をじっくり聞くことで、心を開いてもらえます。収入の多い男性は、仲間と居酒屋に行くより、新しい刺激や出会いを求めてバーに通うもの。そういった男性を見分ける目を養いましょう。

2.出会い目的で来ている素振りを見せない

バーは本来、出会いの場ではありません。お酒と会話を楽しむ大人の社交場です。ガツガツして、いかにも出会いに来てますよという女性に、いい男は寄って来ません。あくまで余裕があって、でも話しかけても良いような隙を見せてあげることが大事です。常連になるのもひとつの手です。「いつも来てますね」と男性が声をかけるきっかけにもなります。また、バーテンさんが他の常連さんと引き合わせてくれることもありますよ。

3.カウンターにひとりで座る

カウンターにひとりで座り、バーテンと話している女性は、男性にとって近づきたくなる存在。ひとりで座っているので話しかけやすいだけでなく、バーテンと話していることから会話を楽しめる人なんだなと分かるからです。さらにポイントになるのが、なにを飲んでいるか。アルコールがしっかり入っていそうなカクテルを飲んでいると、「この人飲めるんだな」と、男性にもスイッチが入ります。なるべくバーではアルコールの入ったカクテルを頼みましょう。

4.トイレに近い席に座る

バーに慣れて来たら、トイレに近い席に座ってみてください。トイレに行く度に視線が合い、男性はあなたのことが気になって仕方なくなるでしょう。適当な席に座るより、格段に声をかけられやすくなります。他にもお店によって、人通りの多い席、視線が集まる席というのがあるので、分析して座り位置を考えてみましょう。

5.淑女を演じる

バーは居酒屋ではありません。品とマナーのあるお客さんで成り立っています。酔って人に絡んだり、大声で笑ったり、ケータイでずっと電話していたり。嫌な感じの女性がいると思われたら、そのバーではもう二度とチャンスはないと言っていいでしょう。自分のお酒の限界を知り、酔っぱらっても人に迷惑がかからないよう意識しながら楽しみましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

バーは出会いの宝庫です。ひとりでバーに通えるようになれば、チャンスは倍増!皆さんも臆することなく、大人のたしなみの世界へと足を踏み入れましょう。

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事