2013.07.08

一途とは大違い!彼氏依存チェックリスト


寝ても覚めても彼氏のことで頭がいっぱい。そばにいてもいなくても彼氏のことしか考えられない。彼氏との出来事が中心になりすぎて、いろんな困ったことが起きている。だからってどうにもできないし、どんどん困っていく悪循環。「うち、だめじゃん」って自分を責めながら、それでも彼氏に執着して…。自分でもわかってる。幸せな時間より断然辛い時間のほうが長いってこと。それなのに「うち何やってんだろ…」。それは彼氏依存。一途とは違う不幸の形。これから紹介する5つが当てはまるなら、もしかしたらあなたも彼氏依存かも。

1.友達関係を壊す、仕事や学校をサボる

友達との約束よりも彼氏との時間が最優先。仕事や学校をサボっても彼氏との時間を最優先。今まで築いてきた人間関係や、未来のために必要な仕事や勉強を後回し。彼氏との短い時間のために今まで築いてきた過去からの関係も未来の夢も自分で破壊してしまう。信頼関係を壊すのは一瞬だけどそれを元に戻すのってすごく時間がかかるんだよ。「うちには彼氏だけで十分」なんていわないで。彼氏のためといいながら、自分の居場所を減らしてないかな?自分の可能性を狭めてないかな?

2.自信がなくなる、常に不安

彼氏中心で世界が回っているということは、自分の人生なのに、自分が主人公じゃなくなっちゃうってこと。彼氏の顔色ばかりを伺って、彼氏の一言や態度で、あなたの一日はハッピーだったり病んだり。そんな毎日が繰り返されると、今この一瞬のことも自分にはどうにもできない運命みたいに感じて、不安が大きくなるんだよね。自分で考え行動して結果が出せないことばかりだと思ったら自信がなくなるのも当然なの。彼氏にゆだねる毎日は、自分を認められない毎日ってこと。お付き合いしてから自信がなくなったかもって思う人、特に気をつけてね。

3.食欲不振または過食

特別悪い彼氏のじゃなくて、彼氏依存になるとずっと心が満たされなくなっちゃう。考えすぎて食欲がなくなったり、反対に満たされない愛情代わりに食欲が爆発したり。彼氏依存の変わりに摂食障害(拒食症、過食症)になっちゃう人もいるので要注意。

4.別に依存させてくれる人を探す

彼氏のことが大好きのに、あなたの思うように依存させてくれない彼だとわかると、依存させてくれる別の彼を探しちゃうなんてことも。恋する乙女の心は不安定。だからどんな女子でも依存になることはあるんだよ。依存をさせてくれる人を探し、どんどんどんどん新しい男性と出会い関係を持ってしまうと、今度は彼氏依存ではなく、セックス依存になってしまうかもしれないので注意してね。

5.彼氏にはいつもフラれる

別れの原因はいつも「ウザい」「重い」「メンドイ」と同じようなことを言われてるなら要注意。残念ながらあなたが彼氏に与えたのは、愛じゃなく、ストレスだったって事実を悲しいけれど受け止めよう。彼氏依存の彼女からの愛情は長引けば長引くほど彼氏を息苦しくするんだよ。彼氏依存を歓迎するのは彼女依存の男子だけ。「じゃあうちは彼女依存の彼ほしー」なんて思わないでね。ちょうどいい組み合わせどころかとっても危険な組み合わせになっちゃうの。お互いに束縛しあって傷つけあう「共依存」って関係になりやすいからね。

羽林由鶴からのメッセージ

いかがでした? 「もしかして、うちも彼氏依存かも(;;)」って気づくことができたら、素敵な大人の恋愛へのチャンス。素敵な大人の恋愛はお互いを尊重することから始まるよ。彼氏と一緒にいられない時間、連絡が取れない時間も楽しめる自立した女性を目指してね。彼氏依存を卒業することで、彼からもっと愛されるようになるよ。依存からの回復で、彼を一途にさせる魅力を1つプラスすることになるんだよ。

(羽林由鶴/ハウコレ)

<オススメ記事>

関連記事