2013.07.08

使い方次第!電話でジワジワ彼を落とす方法・5選


気になる彼の電話番号を知っていますか?全ての連絡をメールに頼るより、効果的に電話を使うことで彼との距離も詰められます。彼の気持ちを察知するにも、自分の気持ちを伝えるにも電話が一番です。

今回は、電話でジワジワ彼を落とす方法をご紹介したいと思います。

1. あえて用事がないときにかける

電話は用事がないとかけてはいけないと思っていませんか?そんなことはありません。基本的に男性は、メールより電話が好きです。文字を打つ煩わしさがなく、相手の気持ちも読み取れるからです。自分からかけるマナーとして、電話をかけて相手が出たら、「今大丈夫?」と時間があるかどうか聞いてください。「どうしたの?」と聞かれたら、「なんか電話してみた」と用事がないのにかけていることを伝えてください。相手はあなたの好意を察してくれます。

2. 自分から気軽にかける

電話番号を交換した時点で、男性としてはいつでもかけてもらってかまわないという意志の現れです。電話となると、なかなか男性から気軽にかけることができないので、あなたからフランクにかけてあげることが大事です。「電話かけてもいいんだ!」と相手が分かるように示すことで、恋のチャンスが開けます。

3. 決まった時間、曜日にかける

人はリズムの中で生活を送っています。何曜日は学校に行って、何曜日はバイトがあって。そのリズムの中にあなたと電話することを盛り込めるとベストです。例えば彼が、火曜日は暇であなたがバイト終わりに電話をかける習慣をつければ、毎週火曜日になると「今日は電話が来る日だ」と彼が意識してくれます。なんなら月曜日に「明日火曜か。電話くるかな」とあなたのことを考えてくれます。あなたのことをどれだけ考えてもらえるか、関わっていないときにも意識してもらえるかが大事です。

4. 盛り上がったらすぐに切る

ついつい気になる彼との電話は長くしたいと思いがちです。しかし、恋愛においては短めで切るのが効果的です。オススメなのは、会話がはずんだ後すぐに、切ろうとすること。長電話はダラダラと話して、時間を大幅に奪われる印象を与えてしまいます。盛り上がったところで終わりにすると、「もう終わっちゃうの?」と物足りなさを感じさせることができ、「もっと話したい」という気持ちに繋げることができます。

5. ガマンして聞き手に回る

女性は、その日起こったことをオチもなくグダグダと話してしまうことが多いです。しかし、彼を落とすには彼の話したいことを引き出してください。彼の環境に対する不満や心境、悩みなどを聞いてあげることができれば、あなたへの信頼度が上がり距離も縮まります。ヒミツを共有するのも効果的なので、「今日のことはヒミツにするね」と締めるのも良いでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

電話は恋愛テクニックでもかなり有効なツールのひとつです。長電話より、こまめにかけることが重要!今日から是非、気になる彼に実践してみてくださいね。

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事