2013.07.19

ネクストブームはこれ!「ちゅん顔」メイク


人気女性ファッション雑誌、AneCan発の「ちゅん顔」が今話題になっています。
ちゅん顔とは、「笑顔じゃないのに女のコらしくてかわいい“ちゅん”とすました表情」のこと。
キョトンとした雰囲気が大人可愛いポイントのようです!
今回は、そんなちゅん顔にぴったりのメイクをご紹介します。

【ポイント】
◆「ピュア」「ナチュラル」「女の子らしい」がキーワード
◆目元にみずみずしいツヤ感を

上まぶた中央にピンクベージュシャドウ

アイメイクは「ナチュラル」「ツヤ感」がポイント。
まずはまぶた全体にアイシャドウベースを多めにのせるよ。下まぶたにものせて、ツヤ感を仕込んでおこう。


ナチュラルに仕上げるために、色はベージュ系がおすすめ。
上まぶた全体にベージュまたはピンクベージュのシャドウを広くのせよう。ポイントは、目中央に多めにのせること。こうすることで、視点を真ん中に持っていき、目をまあるく見せてくれるよ。

キワに赤系ブラウンシャドウ


アイシャドウの締め色も、濃すぎる色は使わず、赤系ブラウンをセレクト。チップを使ってキワにシャドウをのせて、ナチュラルに目ヂカラをプラスしよう。

目元にラメをのせる


目頭に、くの字に細かいラメをのせて、目元に自然なツヤ感を出す。うるっとした目元を作るよ。

まつげはあくまでナチュラルに


アイラインは最小限にしてナチュラルに。キワにブラウンのライナーで細く引くのがおすすめだよ。まつげはマスカラ下地とマスカラを駆使して、綺麗にセパレートさせよう。


「やっぱりマスカラだけでは物足りない!」という人は、ナチュラルな毛束のつけまを目尻にだけ付けよう。つけまつげが目立ってしまうのはNG。自まつげと馴染むつけまつげを選んで、ピュア感をキープしよう。

練りチークをブラシでのせる


ピンクチークをふんわりとのせ、ピュアな印象に。ツヤがあって血色の良い肌を作るには、練りチークをブラシに取ってのせるのがメイクさんおすすめの方法だよ。頬の真ん中寄りにのせることで、少しキュートさをプラス。笑っていなくても可愛らしい表情に見せるよ。

ピンクリップでうるおいのある口元に


白ピンク系の口紅を指でのせ、口元もピュアな印象に。


仕上げにピンクグロスをたっぷりとのせる。ちゅん顔をした時に、うるっとした口元が映えるよ。

完成!


ちゅん顔メイクの完成!ちょっとキョトンとした表情で、可愛らしく決めちゃおう♪

(モデル:佐藤百合香)
(ヘアメイク:弾塚凌)
関連キーワード

関連記事