2013.07.10

エマ・ワトソンの言葉に学ぶ!魅力的な女の特徴5選


「検索すると危険な有名人」第1位に輝いた経歴を持つエマ・ワトソン。エマ・ワトソンを検索する人があまりにも多いため、その検索数を利用した犯罪が多発。彼女の名前を検索することでPCウイルス等に感染してしまった例も。「ハリーポッター」のハーマイオニー役を演じ始めて十数年、ドル箱女優に成長したエマ・ワトソンの魅力とは?

1. 大胆なジョークを言える

レッドカーペットでファンに支持されるコーディネート」について聞かれて、「わかんない。脱いだら支持が上がるんじゃないの?」と答える彼女。

ハーマイオニーを演じていた「まじめな女の子」という設定からは想像もできない、ユーモアにあふれた返答ですね。

「こんなこと言ったらビッチにみられるかも」とお堅いキャラを演じているだけでは、他の女性と差別化できずに埋もれてしまいます。大胆なジョークもたまには臆せず口にして、気になる彼をドキっとさせましょう。

2.いつでもプロ意識を忘れない

自由奔放に見えるエマ・ワトソンですが、「翌日に10時間の撮影があるのに酔っ払ってる場合ではないわ」と仕事に対してまじめな姿勢をみせる一面もあります。

じぶんが誇りにおもって取り組んでいることには、いつも誠実でストイックな表情をみせれば、それが自然と魅力につながります。

「まじめ」と「テキトーさ」をうまく使い分けられる女性を目指しましょう。

3.向上心

向上心が強く、仕事は完璧にこなす彼女。「私の両親は仕事に関して頑なな倫理観を持っていて、自分のやっていることに愛と敬意、そしてプライドを持つことが大事だと教わった。私は常にベターな状況を目指したい。」そんな彼女は現場の監督からの信頼も厚いそう。
やる気のある女性と一緒にいると、単純な男性は自分もやる気になります。自分を上げてくれる女と一緒にいる方が得なのは当たり前。向上心を持てば自然と魅力がUPします。

4.弱みも見せる

完璧主義でパーフェクトな女性かと思いきや、自らの恋愛の失敗談なども惜しげもなく披露する彼女。「ありきたりな言い方だけど、自分自身を好きにならない限りは、自分にぴったりの相手を好きになれないこともわかったわ。悲しいけど、それって経験でしか学べない。誰かにいくら教えられても、実際に外に出て失敗するしかないのね」とメディアに語ったことも。

強い部分しか見せないと近寄りがたい女になってしまいます。「今日仕事で失敗しちゃった」「好きな人が振り向いてくれなかった経験があるの」など、たまには弱みも見せてギャップを演出してみましょう。

5.程よく高嶺の花

ハリウッドの有名女優である彼女、「お金があり過ぎてどうしたらいいのかわからない!」なんてメディアに語ることも。彼女の金銭感覚は極めて一般的で、私服は等身大、今までにした一番高い買い物はプリウスとラップトップなど、セレブにしては常識的な金銭感覚を持ち合わせているところが魅力のひとつ。ブランド好きや、食事は高級なものじゃなきゃダメ、などといった金銭感覚がずれている女性は付き合いづらいと思われてしまいます。一般的な金銭感覚は大切にしましょう。

おわりに

デビューしてから12年。大人の色気も出て、ますます魅力的な女性に磨きがかかったエマ・ワトソン。今後の活躍が楽しみですね。

(YUKI./ハウコレ)

関連記事