2013.07.14

終わりよければ全てよし!印象の良いLINEの終わらせ方


今やメールより使用頻度が高くなったLINE。既読やスタンプなど、独特のルールがあるので使い方次第で彼からの評価がかわるかもしれません。

今回は、印象の良いラインの終わらせ方をご紹介したいと思います。

1.終わりをにおわせるスタンプ

「スタンプの使い方にユーモアのセンスがでる。会話の終わりにスタンプがあると可愛げがある」(25歳/銀行員)

LINEの特徴であるスタンプ。有効活用できると男性との会話が盛り上がり、女子力が高いと思われます。会話の終わりを感じさせる手を振っているスタンプなどで、可愛く切り上げましょう。ちょっとした金額なので、スタンプは可愛いものを一通り揃えましょう。モテへの出費だと思ってください。

ただ、空気を読まないスタンプの使用は煙たがられますので、ここぞというタイミングを読み取れるようになりましょう。

2.また連絡すると期待を持たせる

「連絡しますねって言われると、期待できそう。好意を持ってないと連絡してもらえないと思うから」(26歳/商社)


「今日は本当にありがとう!また連絡するね」と、女性の方から連絡するという意識があることを伝えるだけで印象がいいです。この一言が打てると、気の使える子だなと男性は感じます。女性から連絡が来ることは、男性にとって嬉しい限りです。本当に連絡を入れてあげると、さらに好きになってもらえます。

3.返し方に困ったら既読にしない

「既読になってなかったら、返ってこなくてもショックを受けない。既読になって返ってこないと落ち込む」(22歳/学生)

色々と話が加速して、返すのがめんどうになったり難しく感じたらシカトしてもオーケー。そのときは、既読にしないでください。読んだけど返さないと言うのはいけません。ラインを開かずに、まずはポップアップウィンドウでチェックするクセをつけましょう。
次の日の朝に、「昨日は寝ちゃった。今日も頑張りましょう!」と話を切り返せば時間が空いてしまっても好印象です。

4.「今度会ったときにもっと話そうね」

「事前にデートをとりつけたような感じがして嬉しい。どんな話をしようかなーと思わずその女性のことを考えてしまう。」(28歳/デザイナー)

LINEでは話したりなく、「今度会ったときにもっと話そうね」と、一言あって終わると男性のテンションは跳ね上がります。話したいという気持ちが素直に嬉しいし、多いに期待できます。
気がある彼なら「近いうち会おうね!」などと会う約束をしてもいいでしょう。

5.「お風呂入ってくるね」

「お風呂宣言をわざわざするということは、想像していいよって言ってくれているようなもの。お言葉に甘えて、妄想させてもらってます(笑)」(27歳/建築)

男性は、想像力豊かな生き物です。「お風呂入ってくるね!バイバイ」と言われると、あなたのお風呂姿が脳裏にちらつきます。お風呂は、男性に想像させるきっかけを与えて上げるいい装置です。たまに使って彼の想像のお手伝いをしてあげましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

LINEの特徴を活かして、思わず女性のことを考えてしまうような一言や、次に会うのが楽しみになるような一言で終わらせられると、印象がいいです。ぜひ今から実践してみてください。終わりよければ全てよし!

(白武ときお/ハウコレ)

<オススメ記事

関連記事