2013.07.14

元AV女優に聞いた!お口周りのセクシーテクニック・5選


彼とのセックスで、もっと盛り上がるテクニックを身に付けたいと思いませんか? しかし、セックスハウツー本や雑誌のセックス特集を読んでみても、練習しないと難しそうなものばかりですよね。そこで今回は、特別な練習をしなくても今すぐに取り組める、お口周りのセクシーテクニックを、元AV女優として活躍していた文月さんに教えてもらいました。

1.唾液を垂らす

「私自身、すごく唾液が出る方なのですが、撮影のときはわざと画面に映るように唾液を垂らしていました。ぬらぬらと光る唾液にエロさをアップさせる効果抜群です。日常生活では汚いはずのものが、セックスになると興奮材料に変わってしまうのです」

唾液を垂らすのを恥ずかしいと思ってしまう方は、唾液を愛液と捉えると抵抗がなくなるかもしれませんね。

2.ぺろっと指を舐める

「あまりセックスに積極的になれない草食系男子をセックスに誘いたいときは、食事中、ソースやクリームが指についたと見せかけ、指をぺろっと舐めます。その舌使いから男性はセックスを想像するので、うまく持ち込むことができます。その際はベタですが、上目遣いも忘れずに」

全く性的な場面ではないのにムラッとさせられるワザ。まだベッドまでたどり着けていない男子に使いたいところです。

3.「あ」の口だけでなく「ん」の口も

「喘いでいるときの口の形ですが、大抵の人はずっと『あ』の形の口になっていることが多いと思います。しかし、それだと男性は視覚的にはちっともドキドキしません。たまには『ん』の形の口を作って変化を持たせましょう。私は撮影中、カメラアングルやカメラの引き、アップによって口の形を変化させていました」

普段、口の形を意識している方は少ないはず。少しの意識でぐんとセクシー度がアップするはず。

4.喘ぎ声にバリエーションを持たせる

「口の形の次は声の高さも重要。ずっと同じ高さの声で喘いでいるだけだと演技している感たっぷりです。単調な喘ぎ声はNG! 高い声、低い声、短い喘ぎ声、吐息のように長い喘ぎ声など、様々なバリエーションを持たせましょう。また、もう一歩先に踏み込むためには、喘ぎ声のリズムを変えてみることもオススメします。」

またもや変化を持たせるワザ。どうやら男性は変化を好むようですね。

5.気遣いの声かけをする

「愛のあるセックスのためには気遣いも大切です。『疲れていない?』『ここ気持ち良い?』等、気遣いの声かけを行いましょう。そうすることでお互い、体だけでなく心まで気持ち良くなるはずです」

一方的なセックスでは愛は感じられませんよね。プレイ内容は同じでも、気遣いの声かけがあると安心して相手に身をゆだねることができます。

おわりに

『なぜ人はキスに性的興奮をおぼえるのか?』という問いに『唇は女性器に似た形をしているから』という説があります。その説の通り、お口周りは官能度を高めるためには重要なポイントのようです。上記のポイントに加え、日頃から唇が荒れないようきちんとケアをすれば、より充実したセックスライフを送れるはずですよ。

(姫野ケイ/ハウコレ)

【取材協力者プロフィール】
文月(ふづき)・・・現在はVシネマやアーティストのミュージックビデオに出演するなど女優として活躍中。また、ラーメン好きが高じ、食べ歩きモデルの「ラーメン女優」として雑誌に紹介され、ネット放送の食べ歩きレポーターとしても活動している。Twitter:http://twipple.jp/user/men_fuzuk1

関連キーワード

関連記事