2013.07.14

あなたはいくつあてはまる?恋愛内弁慶診断


女子会などの女子同士の恋バナは大好物!だけど、いざ合コンとなると気が引ける。一昔前の自分の恋の話は語るけど、最近恋を休んでる。どきっとしたあなたは「恋愛内弁慶」に認定!
3年以上彼氏がいない20代女性にアンケートをしてわかった、恋愛内弁慶の特徴と、脱内弁慶の方法をご紹介します。もっと恋を楽しみませんか?

1.忙しいから

「朝から晩まで仕事。忙しいから恋愛してられない」(26歳/コンサル)
「バイトと学校で遊ぶ時間がない」(21歳/学生)

恋愛内弁慶の鉄板言い訳NO.1のこの言葉。忙しいから彼氏なんか作ってられないわ!とでも言いたげに、毎日せかせか肌ボロボロの女性に男性は惹かれるでしょうか?

毎日家と職場の行き帰りでは、いい人は見つかりません。時間の使い方を見直してみましょう。この日は休みの日!と決めたらしっかり休む。自分で時間のコントロールをしてみることから始めてみてはどうでしょう?

2.出会いがないから

「職場が女性ばかりで、出会うきっかけがない」(27歳/看護師)という意見は確かに納得。でも環境のせいにしていては、ずーっと解決しません。

まず、出会いが近くにないのか見回してみましょう。幼馴染や友達だった人と付き合いましたという話はあるあるです。もし、どうしても無理という場合、出会いを自分から作りに行く必要があります。いつもの飲み仲間からちょっと外れるなど、いつものコミュニティから離れることで、新しい出会いは必ずあります。これができるかできないかが大きいかもしれません。

3.どうせ私なんて

「気になる人はいるけど、私じゃ無理だなーといつも諦めてます」(25歳/会社員)
気持ちはとっても分かります。でも、無理かどうかは彼しかわからないのですから、必要以上に卑屈にならなくてもいいのでは? 

では、どうすればいいかと言うと、こんな時の友達頼み、これに限ります。なんだかんだいって、友達の恋愛の手助けはしてくれます。思い切って相談することで、自分では開けなかった道があれよあれよと開けるかも?ただ、友達の選択は慎重に。

4.だって元彼が・・・

「前の彼氏に振られてから、もう恋愛がどうでもよくなった。」(25歳/IT)
過去に辛い経験があるとその経験に縛られてしまい、もう傷つきたくないと恋愛をさけてしまいます。男性に悪いイメージがついてしまい、臆病になってしまいがちだからです。

恋愛しよう!と無理をする必要はありません。でも、かたくなになる必要もありません。男性を元彼と重ねるのをまずやめて、もう少し肩の力を抜いて接しましょう。また、元彼と同じタイプを選ばないためにも、私のタイプはコレと決めつけないでおいた方が良さそうです。

5.いいと思うけど好きじゃない

「周りにいい人はいるけど好きかといわれると微妙」(22歳/学生)
自分からは告白はしたがらない、プライド高めな人に多いこのタイプ。わかりやすいアプリーチができず、なかなか好意が伝わらなくて苦労することが多かったのではないでしょうか?

「好き」という感情は「寝たい」「食べたい」「安心したい」と同じように全ての人が感じる感情の一つなのです。「好きになるなんてはずかしい」と意地を張っていることは損しかしません。正直になりましょう。

おわりに

恋愛内弁慶はいつもちょっと損をします。草食系といわれるあまり恋愛に積極的でない男性が増えると余計に不利なんです。
恋愛は経験だけが大切というわけではないと思うので、まず内弁慶をやめようかな~と思うことから初めてみるのはいかがでしょう?

(吉沢みう/ハウコレ)

関連記事