2013.07.26

話し方でモテを逃がしている女子の特徴・5つ


どんなに可愛い女性でも、話してみるとドン引き、ということは少なくありません。そうなれば、本命になることはありません。話し方を意識していないだけでモテの機会損失を繰り返している女性はたくさんいます。

今回は、20代男子へのアンケートをもとに、話し方でモテを逃がしている女子の特徴をご紹介します。 

1.私って○○じゃないですか

「私って弟がいるじゃないですか」「こう見えても料理する派じゃないですか」と全く予備知識がないのに、あたかも知っている前提で話してくる女性はモテません。めんどくさい女というレッテルが貼られます。

「「あたし」が世界の中心じゃねえっつーの。このフレーズを言う女は頭が悪いから嫌い」(25歳/飲食)
 
この一言に強烈に嫌悪感を持つ男性もいるようです。「あたしって普段から料理をするタイプなんですけど」と説明すればいいだけです。たったちょっとのことですが男性は気にしています!

2.オチがなくても聞いてくれる?と言う

自分の話がつまらないということを自覚していることはいいですが、「オチがなくても聞いてくれる?」と自覚していてもなお話聞かせてくる、というより話を聞くことを強制してくる女性はしんどいです。先にそう言われてしまえば断れません。話さなければ我慢できないその精神性に疲れます。

「話してスッキリするかもしれないけど、こっちはストレスがたまるだけ。全部ブログにでも書いて発散して欲しい」(27歳/放送)

男性はオチがなく聞いていて意味のない、時間の無駄遣いを恐れています。

3.ババアみたい

男性が純粋な気持ちで褒めているのに、「そんなに褒めたってなんにもでてきやしませんよ」とババアみたいな返しをされると一気になえます。もっと可愛い返し方、可愛くなくても微笑むとかないのかとゲンナリします。

「ハツラツな女の子がいい。ババアみたいな人は、一緒にいるとセンスが老け込みそうだし、それまで女の子扱いしてたのが馬鹿らしく思える」(26歳/美容師)


「減るもんじゃないんだし」「あたしゃもう疲れたよトホホ」など、普段の言葉遣いを見直しましょう。

4.自分のことをぼくと呼ぶ

自分のことを下の名前で呼んでいる女の子は、年齢的にきつくなることがありますが可愛いと許せる範疇です。しかし、「ぼく、おいら、おいどん、拙者、あちし」などと自分を呼んでいる女の子はモテません。気味が悪いです。

 「女なのにぼくってなに?奇をてらってる感じがさむい。友達の前で彼女がぼくなんて言ってるの想像すると怖い」(24歳/アパレル)
 
ぼくと呼んでいる女性は今日から、キッパリと切り替えて「わたし」というようにしましょう。

5.言葉のキャッチボールができない

男性はキャッチボールの中で相手の気持ちを察そうと努力しています。そのキャッチボールが成り立たないと、恋愛ができないと手を引いてしまいます。

「質問の答えが的外れだったりすると、絶対にその女と付き合いたくない。話が繋がらなくて疲れてくるし、当然そのままだと仲良くもなれない」(26歳/銀行) 
 
きちんと男性の質問の意図を汲み取って、アンサーを返してあげる。分からないことがあったらそこで聞きましょう。話したいことが思い浮かんだからと言って、脈絡もなく話し始めてはいけません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

話し方ひとつで、モテは簡単に逃げて行く物です。しかし、ちょっと意識すればまともな女の子を演じられてモテ出すはずです。学力ではなく、地頭が良い女性をめざしましょう!


(白武ときお/ハウコレ)

関連記事