2013.08.01

ドン引き!男ウケNGな夏ファッション・6選


花火大会やお盆休みや夏フェスなど、イベントの多い夏はファッションにも気合いが入りますよね。この夏は「お腹見せワンピース」や透け感のある素材のカットソーなど、肌を露出するファッションも流行中です。なんでも、肌を露出することによって、着やせ効果が期待できるのだとか。しかし、女性が可愛いと思う夏ファッションは、男性からすると全く違う印象を受けることも。そこで、男性に印象台無しの女子の夏ファッションについて調査してみました。

1. ローライズのジーンズから見えるTバック

「ローライズのジーンズから見えているTバックは受け付けません。ワザと見せているのか、見えているのに気付いていないのかは分かりませんが…。夏だからと言って見せつけ過ぎるのは萎えてしまいます」(30歳/商社)

セクシー系の女子に人気の見せTバックですが、露出狂の痴女のように見えて男性はげんなりしてしまうようです。夏の定番である肌見せファッションですが、控えめにした方が良さそうです。

2. つっかけのようなサンダルやクロックス

「メイクばっちり、容姿も抜群、服のセンスも良くて膝までは完ぺきなのに、足下がだらしないつっかけのようなサンダルやクロックスを履かれているとアウトです。楽なのは分かりますが、足下のオシャレまで意識してほしいです」(22歳/学生)

高いヒールで長く歩くと脚が痛くなることがあるのでつっかけサンダルは脚に優しいのですが、ファッションセンス的にはNG。ピンヒールよりもウェッジソールの方が安定感もあって疲れにくいので、オシャレなデザイン且つ履きやすいものをチョイスしたいところですね。

3. ヘソ出しファッション

「ヘソ出しファッションはビッチ感たっぷりで苦手です。お腹も冷えてしまいそうで心配です」(20歳/学生)

今年流行中のお腹見せファッションのNG、出ました! 露出のし過ぎは軽い女に見られてしまうようです。また、エアコンの効いた部屋での露出ファッションは、リンパの流れが悪くなってむくみの原因にもなってしまいます。

4. 着崩れた浴衣

「浴衣を着る機会が増える季節ですが、着崩れた浴衣や合わせが逆になってしまっているような間違った着付けはマイナスポイント。正しい着付けと、着崩れないようおしとやかな立ち振る舞いを心がけてほしいです」(24歳/メーカー)

ぐちゃぐちゃの着付けになっている残念な女子を見かけることも多いですよね。浴衣は後ろ姿も美しくなくてはなりません。シワにならないよう、綺麗な着付けを心がけ、万が一着崩れてしまった場合は、背中のシワを下に引き延ばす、下前の襟を下から引っ張るなど、応急処置をしましょう。

5.裏地ポケットが表から見えているデザインのホットパンツ

「ジーンズ生地のホットパンツで、裏地ポケットが表から見えているデザインのホットパンツ。このデザインにはがっかりです。糸が出まくりの裏地を見せることの意味が分からないので、いっそのことポケットごとなくせばいいのにと思ってしまいます」(29歳/介護)

このデザインに疑問を持つとは意外なご指摘。裏地のポケットを見せるデザインは見慣れ過ぎて今まで気にもしなかった方も多いのではないでしょうか。男性は中途半端なデザインも好まないようです。

6. 重そうな付けまつ毛やデコり過ぎのネイル

「真っ黒くて重そうな付けまつ毛やデコり過ぎのネイルを真夏に見ると暑苦しいです。もっとナチュラルな方が可愛いと思います」(23歳/営業)

ボリューム感たっぷりの付けまつ毛はかなり不人気のようです。また、夏だからこそ弾けた派手なネイルにしたくなりますが、それも男性にとっては何の魅力にもならないようですね。

おわりに

女性が可愛いと思って取り入れている夏ファッションの多くは、男性から見ると微妙だったり受け付けなかったりするものが多いようです。上記の意見を参考に、ナチュラル美を基本とした夏らしいファッションならば、男性の視線が釘付けになること間違い無しです。

(ハウコレ/姫野ケイ)

関連記事