2013.08.03

AV監督に聞く!「イクふり」ナシで最高のセックスをする極意4つ


突然ですが、あなたはセックスをするときに「イクふり」をしていませんか?
「イッたふりをしているうちは、いつまでたってもイケませんよ」
そんな意外な一言をくださったのは、AV監督として15年以上も女性の性に携わり続けてきた二村ヒトシさん。
この経験を活かして書かれた恋愛書『すべてはモテるためである』や『恋とセックスで幸せになる秘密』が大ヒットするなど、恋愛指南において絶大な支持を得ておられる方です。そんな、まさにエロのカリスマとも呼べる二村監督に、本当に気持ちいいセックスの極意をお聞きしました。本気で「イってみたい」あなた。必見です!

1.イクふりは男性を馬鹿にしている

「あなたは、“私はうまくイケないけど、イッたふりをすれば男性が喜ぶ”と思って、ついつい適当なところでイクふりをしていませんか? その考え、すぐに捨てましょう。男性は、あなたを気持ちよくしようと無我夢中です。それなのに、あなたの絶頂が演技だったなんて知ったら、彼はどんな気持ちでしょうか?」

バレなければいい。ということではなく、彼への誠意の問題ということですね。イクふりよりも、じぶんが気持ちいいと感じる分だけ気持ちよがるのが一番いいんです。

2.イクふりはあなたをイケなくする

「男性が自分のものを勃起させようと焦れば焦るほど、勃たなくなってしまうのはよくある光景。それと同様のことが、女性にも言えます。“イカなきゃ”そう思うにつれてどんどん義務感が募り、セックスを楽しめなくなるでしょう」

イクふりは男性だけでなく、あなた自身を苦しめるものなんですね。つまりイクふりをすれば、2人が最高に愛し合う場であるセックスが、双方にとってつまらないものになってしまうということです。

3.自分のためにイクふりをする

「ただし、“これは気持ちいい。もっとしてほしい”そんなふうに彼がしてくれた場合、イクふりをすることは悪いことではないでしょう。そうすると彼はそのポイントをどんどん攻めて、あなたを感じさせてくれます」

しかしこれは、“彼が喜ぶから、イッたふりをしておいてやるか”というものとは大きく違うことに注意しましょう。あくまでも、自分自身の快感のために、ということを忘れてはいけないのだそうです。

4.イクふりから本当の絶頂へ

「イクふりをすることで、あなたが感じるツボを伝えていく。すると、彼はどんどん上手になって、あなたもどんどん気持ちが盛り上がり、気がつけば、本当にイッてしまった……。
あなたは、彼をがっかりさせないためではなく、あなた自身の快感のためにイクふりをしました。その結果、あなたもイクことができたし、また彼も、あなたを本当の絶頂へと導くことができました。これが理想的な“イクふりの使い方”です」

彼を欺くためのイクふりではなく、自分のテンションを高めるためのイクふりは、結果的には最高の快感をもたらしてくれるというこでしょう。

おわりに

このように、「イクふり」をする場合には、彼のためにするのではなく、あなた自身のためにするのが鉄則です。とはいえ一番の理想は、イク、イカないにこだわることなく、お互いの心が溶け合うような正直なセックスを楽しむことでしょう。セックスはただの“エッチ”ではありません。世界で一番大切に想う相手との大切な心と心のスキンシップ。本気をさらけ出さないと、本当の愛は育めませんよ?

(小川沙耶/ハウコレ)

【取材協力】
※二村ヒトシ・・・1964年六本木生まれ。慶應大学文学部中退。斬新なエロ演出を数多く創案する新進気鋭のAV監督。また、恋愛に関する造形も深く、『恋とセックスで幸せになる秘密』(イースト・プレス)『すべてはモテるためである』(イースト・プレス/文庫ぎんが堂)など恋愛著作ももつ。

関連記事