2013.08.05

マイナス思考さん必見!恋を始めるために必要なこと


「恋愛はしたいけど、勇気がない」「気になる人はいるけど、自分からアクションなんて起こせない」もともと奥手だったり、過去の恋愛でうまくいかなかった経験があると、こんなふうに感じてしまいがちです。そういった人には、世に溢れるモテテクを実践することは至難の技。でも、だからといってあきらめる必要はありません。必要なのはまずは恋愛をするための土台づくり。そこで今回は、植西聰さんの著書『好きな人に愛される100のルール』を参考に、恋を始めるための4つの方法をお教えします。

1.「話しかけやすい人」になる

「「話がはずんで意気投合した」「話していて楽しかった」といったことから男女が付き合い始めることが多いものです。新しい出会いを探しているなら、その第一歩に、相手から話しかけやすい人になりましょう。」

奥手だったりマイナス思考だったりすると、「話しかける」といった小さなことでも、自分からアクションを起こすことを難しく感じてしまいますよね。それなら自分が、ほかの人に「話しかけやすい」と思われる人になりましょう。まずは笑顔を保つこと。表情で「あなたを受け入れています」と示すことができれば、相手も安心して話しかけてくれます。また、話しかけられたときはきちんと聞いて、「そうですね」「いいですね」など、なるべく肯定的な言葉であいづちを打ちましょう。自分からうまく話すことができなくても、相手の話にテンポ良く返事ができれば「話しやすい人だな」という印象を持ってもらえます。

2.自分からあいさつする

「気になる相手に笑顔であいさつができると、いい関係に発展する可能性が高まります。まずは好きな人とあいさつを交わす関係になることが、恋愛への第一歩だといえるでしょう。」

好きな人を目の前にすると、「あいさつしても返事してくれなかったらどうしよう」などと思うかもしれませんが、「あいさつをする」ということは自然なこと。自分からすることに意義があるので、明るく、自分から挨拶することを心がけましょう。きちんとあいさつできる女性は好印象ですし、そもそも、人にあいさつも返せないような男性はおすすめできませんので、無視された場合は「その程度の人間なのね」と気楽に考えましょう。

3.自分磨き

「もっとすてきな自分になるために、目標に向かって行動している女性は輝いて見えます。なにかに挑戦しているとワクワクして、心にプラスのエネルギーが増えるからです。また、挑戦して成果が得られれば、嬉しくなり、さらに心にプラスのエネルギーがたまっていきます。」

エステに行ったり、ネイルサロンに行ったりするのもいいですが、習い事などで自分自身の能力を高めるのもオススメです。自分では特に趣味もないし、何をしたらいいかわからないという人は、周りの人にアドバイスをもらってみましょう。「手先が器用だから、編み物なんかどう?」「絵が上手だし、どこか習いに行ってみたら?」など、自分でも気づいていない長所が見えてくるかもしれません。自分のいいところが分かって、さらにそこを伸ばすことができれば、好きな人の前でも自信をもって振る舞えるようになります。

4.誘われたら出かける

「行動範囲が広がると、新しい出会いのチャンスが増えます。新しい場所に出かけるときは、何を着ていこうかとワクワクするものです。楽しい時間を過ごせたら、やっぱり行って良かったとプラスの感情をもつことにもなります。」

自分磨きをして自信がついてきたら、外の世界に出てみましょう。マイナス思考の人は新しい世界に出ていくことを面倒に思ったり、怖く感じたりしがちですが、楽しい時間が過ごせれば、「行ってよかった」とプラスの気持ちにも繋がります。また、行動範囲が広がると、新たな出会いも増えます。勇気をだして、とりあえず行ってみましょう。

おわりに

いかがでしたか?今回ご紹介したのは、いわば恋愛の前の準備運動。ゆっくりでもいいので、ちょっと行動を変えることで出会いが増えたり、考え方が変わって新しい道が開けるかもしれません。皆さんもひとつずつ、ゆっくりでいいので試してみてください。

参考:植西聰『好きな人に愛される100のルール』アスペクト

(Sakura/ハウコレ)

関連記事