2013.08.05

男性が「すごく期待している」ベッドのなかの女性の言動5選


相手が欲しがっているものを適当と思われるタイミングで適当な分量提供することができれば、その人はモテます。もちろんマグロちゃんなんて論外。ベッドの上では、男女がお互いに、お互いの欲していることを察してあげるということがとても大切なのです。
今回は、「男性はベッドのなかでなにを女性に期待しているのか?」ということについて、男性にインタビューしてきました。
さっそくご紹介しましょう。

1.羞恥心MAXの表情&しぐさ

「生まれたままのかっこうになって、誰にも見せないアソコやココを恥ずかしそうに手で隠す、あの羞恥心MAXの表情としぐさが、ぼくはなによりも好きです。女性は“男ってサルじゃん”と言うこともありますが、サルであったとしても、このへんの観察力は持ち合わせています」(25歳/通信)
野生のサルは、なにかと観察力に長けているとTVでもよく紹介されていますもんね。テクニックに自信が持てない女性は、視線を意識して思いっきり恥ずかしがることから始めてみると良いでしょう。

2.時には、エッチに大胆な変態っぷりを

「羞恥心だけでは、ちょっと物足りないエッチになりますよね。ベッドのなかであれこれやっているとき、どこかのタイミングでスイッチが入って、変態と見まごうくらい大胆に振舞いはじめる女性の姿に、ぼくはすごく期待しています」(27歳/コンサル)
“うまく”遊ぶ人は、「エロに素直になれば、エッチほど楽しいことはない」と言いますよね。人は皆それぞれに変態であると思って、“うまく”やってみるといいかもしれません。

3.「え?」と思っても嫌がらないでいてくれる寛容さ

「女性が少し恥ずかしがっている場合、男のぼくのほうから大胆になろうと思って、女性が“え?”と思うようなホールを舐めてみたりするんです。そういうとき、びっくりしつつも、怒ったり拒否したりはしない女性って、やっぱりいいですよね」(26歳/デザイン)
なにが“やっぱり”なのか、よくわかりませんが、まあベッドの上で寛容であることは、美徳の1つなのかもしれません。

4.アレとアレを見せて欲しい!

「シンプルな答えで申し訳ないのですが、やっぱり男としては、女性のアソコとアソコを見たいですよね。どんなものを持っているのか? それはどんな形なのか? どんなカラーなのか? これらを知るために、ぼくら男子は、キャッシングしてまでデート代を工面するのです」(23歳/販売)
男子は、キャッシングしてまで、アレとアレを見たいそうです。かなりの熱意と期待をこめてその瞬間を待ち望んでいるので、見せることを求められた場合は、恥じらいつつ応えてあげるようにしましょう。

5.愛という名の意外性

「ベッドのなかでなにを女性に期待するって、意外性を期待するでしょう。まさかココを舐めてくれると思っていなかったけど、舐めてくれたとか、おいしかったと言ってくれたとか、恥ずかしがっている彼女がまさかのM字開脚をしてくれたとか、こういう愛のある意外性を体験するたびに、エッチって素晴らしいと思います」(29歳/営業)
29歳にもなると、アレを見るという即物的なことではなく、意外性を見つけるという精神的なところにエッチの価値を見出すのでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?
最後の5.の彼の証言は、わりと「期待」に関する的を射ているかもしれません。期待って、相手の期待通りのことをやってあげても「まあこんなもんかな」でオシマイですが、期待を上回ることをしてあげると「すげえ!」って思いますよね。で、さらに「すげえ」ものをまた期待する・・・ということでしょう。
みんなだいたい同じことをやっているエッチのなかで、いかに意外性を提供できるかが、愛を深めるポイントなのかもしれません。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事