2013.08.09

女子の恋心が一気に冷めた瞬間とは?


「恋は盲目」という言葉が表すように、一度好きになったら欠点が見えなくなってしまうもの。でも、恋が冷める瞬間は突然訪れるようです。ハウコレが行なったアンケートによると、約8割の女性が「好きだったのに一気に恋心が冷めた」ことがあるのだとか。今回は、そんな悲しい瞬間をご紹介します。

1.ダサい

・ものすごいダサい服装(無地で白い長袖シャツに半ズボンのジャージ)で初デートに来られた時。(19才 / 女性 / その他)
・当時、中学生だった弟でも履かないようなダサい靴下を履いていた。 ファッションはおしゃれな人だと思ってたから一気に冷めた。 (30才 / 女性 / その他)

服が極度にダサいと、一緒に歩くのも恥ずかしいですよね。デート中に「私、なんでこんなダサい人と歩いてんだろう…」と考えてしまうのも頷けます。特に、高校生カップルの場合は、学校ではソツなく制服を着こなしていたのに、私服が思いっきりダサい…なんていう落とし穴もあるのでご注意を。

2.一般的なマナーを守れない

・食べるときの音がクチャクチャペチャペチャ。本当に汚い。食べ物は必ず皿のまわりにこぼすし、箸の持ち方も最悪。自分が厳しく育てられたぶん気になって仕方ない上に食欲も低下してこの人と長くはいられないと確信しました。 (26才 / 女性 / 医療・福祉)
・道路にツバを吐いているのを見たときと、ポイ捨てしているのを見たとき。 常識が無い人は一緒に居て恥ずかしいからムリ。 (17才 / 女性 / 高校生)

クチャクチャ音をさせて食べる「クチャラー」には苦痛すら感じるという意見も。他にも舌打ち、くしゃみの仕方、ポイ捨てなど、100年の恋も冷めるマナー違反はたくさんありましたが、こういったマナーや常識は小さい頃からの積み重ねなのでなかなか治りません。指摘してもケロッとしていたり、逆ギレされるなんてパターンもあるので、別れにも繋がりやすいかもしれませんね。

3.浮気された

・Twitterなどで女と写ってる写真を見たとき (21才 / 女性 / 大学生)
・浮気されたと知った瞬間から触れるのも無理になるほど拒否反応が... (20才 / 女性 / アパレル)
明らかな浮気以外にも、ほかの女の子ともメールしていたり、SNSで絡んでいる姿に冷めた、という女子多し。「私はこんなに好きなのに!」と、自分と彼の気持ちにギャップを感じて冷めてしまうのかもしれません。

4.口臭がキツイ

・口が臭かった。100年の恋も冷めるというのはこういうことかと思った。 (22才 / 女性 / その他)
・キスしたときの口臭がやばかった笑 (16才 / 女性 / 高校生)

口臭は近づかなければ分からない場合が多いので、付き合い始めてから気付くことも多いかもしれません。いい雰囲気になってきてこのままキスするか…という瞬間に口臭に気付いてしまったらムードもぶち壊しです。

5.他人への態度が悪い

・彼と同じ部活の男の子が後輩からからかわれていたので「可哀想、止めなくていいの?」と聞いたら「あいつはいんだよ、ゴミだから」ってサラリと。冗談のつもりだったようですが正直ドン引き。挙句の果てには「なんであいつを庇うんだよ」と逆ギレ。一気に冷めました。 (17才 / 女性 / 高校生)
・店員さんに偉そうな態度を取ること (43才 / 女性 / 商社)

「私にだけ優しくしてくれるの」というと聞こえはいいですが、他人に対する粗暴な振る舞いには、ぶっちゃけドン引き。「人としてどうなの?」と、彼氏どころか友達だとしても関係を考え直したいところです。他には「シャイすぎて私の家族とやり取りできなかった」などの意見も。彼女以外の人とも常識的なやりとりができない人はNG、ということなのかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?今回ご紹介した以外にも、「ギャグがつまらない」「マザコン」「全身の毛を剃っていた」など、様々な声がありました。一気に冷めるポイントはつまり「生理的にムリ」なところ。さっさと見切りを付けて、次の恋に活かして行きましょう!

(Sakura/ハウコレ)

【アンケート概要】
方法:ハウコレサイト内アンケート
期間:2013年8月1日(木)~8月7日(水)まで
対象:合計216名

関連記事