2013.08.12

お家デートでグッと可愛く見せる、インテリア&メイク術


大切なデートの準備、服選びとメイクだけに気をとられていませんか? 遊園地やカフェなど外でのデートならそれでOKですが、あなたの家でデートをする場合は、もう1つ重要なポイントがあります。それは、「自分の魅力をいかす部屋づくり」。

今回は、10年以上にわたり、ワンルームから豪邸まで様々なタイプのお部屋を診断・アドバイスしてきたというインテリアコーディネーターに「お家デートで、あなたをグッと可愛く見せる方法」を教えてもらいました。

1.ぬいぐるみを置くだけではダメ! 部屋もファッションの一部として考える。

「部屋はデートの舞台であり、衣装です。とにかく、自分が可愛く見える色やデザインを選ぶことが重要です。ソファも、自分で使うだけなら何色でもいいですが、彼が来るとなると話は別。彼は、あなたとソファを同時に見るので、身に付けるものと同じくらい、似合うものや肌がきれいに見えるものを選ばなくてはいけません」

確かに、どんなに気に入っているソファでも、座った時に肌がくすんでみえるのは嫌ですよね。外出先で椅子の色をかえることはできないけれど、自分の部屋なら工夫できそうです。まずは、ソファや椅子に座った様子を撮影して自分の肌色に合っているかを確認。顔うつりが悪いと感じたら、似合う色のカバーをかけたり大きなクッションを置いたりして調整すると良いそうです。

2.気分は女優。ライティングも大切に。

「昼間なら自然光、夜ならあたたかみのある間接照明がおすすめです。真っ白い光は顔色が悪く見えるので、できるだけ使わないようにしましょう。これから涼しくなってきたら、アクセントにキャンドルを使うのもいいですね。近くで見つめられてもいいように、強すぎるラメやマスカラは避けて、丁寧に肌の質感を作り込むことを意識しましょう」

柔らかな光の中で一緒に過ごせたら、自然と距離も縮まりそうです。お家デートらしい優しい自然な雰囲気なら、彼もリラックスできそう。

3.ウィンドウトリートメントで、さりげなく女子力をアピール。

「ウィンドウトリートメント(窓のまわりを飾ること)をすると、上手に女子力をアピールすることができます。一番簡単なのはカーテンを新しくすること。高い物である必要はありませんが、清潔感がある明るい色のものを選ぶと女の子らしい部屋になります」

お家デートで女子力というと、手料理をふるまったり可愛い小物を置いたりすることを想像しがちですが、つけっぱなしにしがちなカーテンにまで気を配ることで、爽やかな印象を与えることができるんですね。買い替えるのが難しい場合は、クリーニングに出すだけでもサッパリしそうです。

4.座る位置まで、さりげなく指定。

「どこに座ったらいいの? と彼をオロオロさせてはかわいそう。最初にどこに座ってほしいか伝えましょう。お部屋の一番自信のあるところが目に入る場所がいいですね。事前に自分でも座ってみて、どんな風に見えるかシュミレーションしましょう」

最後は座る位置。頑張って考えたレイアウトや照明の効果を十分発揮させるためにも、これは重要なポイントですね。対面は少し堅苦しい感じになるので、彼に横顔を向けるようにして90度の角度で座るのがおすすめです。

おわりに

「部屋全体を、洋服やメイクと同じように考えプロデュースする」というのは、とても面白い考え方だと思いました。色や光など、ちょっとしたことばかりですが、実践すると、お家デートが何倍も楽しくなるかもしれませんよ。

(吉戸三貴/ハウコレ)

関連記事