2013.08.13

露出の多い夏!二の腕のブツブツとサヨナラする方法


毎日暑い日が続いていますね!おのずと服装も軽装になり、脚や腕を出すことになりますが、実は肌に自信がなく二の腕を出すファッションに抵抗のある女子が多いようです。今日はそんな女子のために二の腕の肌ケア方法をご紹介します!

女子が二の腕を出したくない理由

資生堂が実施した5,000人を対象とした調査で「二の腕を出すファッションに抵抗がありますか?」と質問したところ、70%以上の女性が「抵抗がある」と答えました。その理由は大きく3つあり、二の腕の太さ、脇のニオイやケアに続き第3位が二の腕のブツブツ・ガサガサです。約3人に1人の女性が二の腕の肌荒れを気にしているようです。

ブツブツ・ガサガサになる原因

そもそもなぜ二の腕はブツブツができたりガサガサしたりするのでしょうか?
二の腕のブツブツ・ガサガサはサメ肌といわれる状態です。サメ肌は肌の乾燥と代謝改善の異常が主な原因です。
二の腕は紫外線にあたりやすく、夏でも乾燥しがち。そして服を着ていても布地との摩擦により乾燥しやすいパーツなのです。
肌は乾燥すると硬くなります。この現象を“角化”といいます。肌が硬くなるのは角質層が厚くなるからです。角質層はもともと肌を外部刺激から守るためにあるので、肌が乾燥してバリア機能が衰えるとより一層肌を守ろうとして厚くなってしまうのです。肌が乾燥し、大慌ての角化がおこり、未熟な角質細胞が増え、それがどんどん厚くなり、ターンオーバーが乱れる…という悪循環が起こることによって、肌がガサガサと硬くなったり、毛穴に角栓が詰まってブツブツができてしまったりするのです。

二の腕をツルツルにするためのケア方法

異性からも注目される二の腕はツルツル肌でなければいけません!ではどういったケアをすればいいのでしょうか。
まず一番大切なのは保湿です。肌が乾燥するとどんどん肌がガサガサになり硬くなってしまいます。肌が硬くなるとターンオーバーも乱れ、さまざまな肌トラブルが起きてしまいます。
きちんと潤った肌は紫外線の影響を受けにくくなり、乾燥もしにくくなります。肌が硬くなった状態では保湿成分が浸透しにくいので、角質が柔らかくなっているお風呂上がりに保湿ケアをするのがオススメです。
また、紫外線を浴びると肌がダメージを受けて乾燥するので、UVケアも欠かさずに行いましょう。

二の腕ケアに有効な成分

最近ではそんな女子の悩みに応えるべく、二の腕のブツブツ・ガサガサをケアする専用のケアアイテムが発売されています。
皮膚代謝を促進するレチノール誘導体やウレア(尿素)、炎症を抑えるためのグリチルリチン酸ニカリウム、保湿成分などが二の腕の肌に合わせて配合されています。また、服を着るときに気にならないようにべたつかずさらっとしたクリームなので気にせず使用できるのも魅力的。こういった専用ケアアイテムを使用してみるのもいいかもしれませんね!

おわりに

今やボディケアはパーツ別におこなう時代です。デコルテや首、二の腕やお尻、各パーツにあったお手入れをすることで全身ツルツルボディが手に入るのです。きちんと保湿ケアを行い、つるつるの二の腕になって思い切り夏のファッションを楽しみましょう!

(佐々木仁美/ハウコレ)

関連記事