2010.06.01

都会生活には欠かせない交通広告の楽しみ方

 東京など都会にはJRをはじめ多くの交通網がひしめき合っています。この1日何百万人という人たちが乗り降りする駅や電車の車内には数えきれないほどの広告が掲出されています。

これらの交通広告は審査があるので、一部のネットなどのように怪しげなものはありません。情報源として安心できます。これらをうまく使って楽しむ方法をご紹介しましょう。


交通広告ってどんなものがあるの?

まず、駅では看板(サインボードと呼ばれています)、ポスター(駅貼りなどと言います)が目に入ります。電車がホームに入ってくると車体広告が見えます。乗りこむとポピュラーな中吊り、窓上、ドア横、ステッカー、つり革にも時々広告が付きます。ここまでは普通なのですが、イベントやキャンペーンも交通広告に一つになります。サンプリング、加入促進、販売機能付きなどのキャンペーンでは、必ず何らかの特典が付いてきます。

わざわざ広告費を使ってキャンペーンを打つのですから、少々の販促費を使っても成果を出したいと思っているようです。

よく見かけるキャンペーンとして、通信回線などは家電量販店より安く有利なものもあるので、注意深く見て下さい。

楽しみやお得なこと

ただ眺めているだけではテレビと同じで、何も特にはなりませんが、大きな違いは、交通広告はすぐ近くにリアルな現実があるということです。例えば、飲料などの新製品は、すぐに売店やコンビニ、自販機で買うことができます。のど飴やマスクなど、売店で販売している季節にマッチした商品も電車から降りてすぐに買えます。

ただ、気をつけなくてはいけないのは定価で買うのですから、たくさん買わないこと。特に炭酸飲料などは、もし気に入って幾つも買うなら、スーパーや量販店にしましょう。時間差はあるものの必ずキャンペーンで安売りをしています。

遊びの情報はケータイと合わせて

また、映画などのエンタメ系も情報が早いので、チェックしておくといいでしょう。ただ、行動の前にPCやケータイでのチェックを忘れずにしてください。詳細情報がケータイにダウンロードできる場合がほとんどです。

交通広告は探しに行かなくても目に入ってくるので、大きな情報のタッチポイントです。試写会情報も時々あるので、マメに見ているとお得です。

そのほかに意外なラッキーも

ポスターについているアイドルの写真付きカードや缶バッジが貰えたり、シャンプーの商品サンプルその物が貼り付けてあったこともあります。カードや写真は枚数限定でその場所でしか手に入らないので、希少価値があります。早い時は30分以内にはすべて剥がされてしまうのでお早めに。

ガムなどの食べるものはポスターに貼り付けることができないのでサンプリングになります。

また、昨年秋葉原駅構内で実施した小型PCやPC用モバイル機器のキャンペーンでは、アンケートに答えるとその場で抽選し、運がいいと周辺グッズなど意外にいいものが当たりました。さらに女性コンパニオンが丁寧に対応してくれる楽しさもありますよ。

需要の増加で楽しみも増加

テレビの視聴減少や多チャンネル化で、テレビ広告が減少している中で交通広告は健闘しています。見たくなくても電車の中では強制的に見せられてしまうからです。だからこそ、うまく商品をゲットしたり、情報を人より早く仕入れて賢く都会生活を楽しみましょう。

関連記事