2013.08.23

海・プールデートで男ウケ抜群なメイク・5選


どんなメイクをしていこう、どうせ落ちちゃうからメイクなんてしなくてもいいのでは……と悩んでしまうのが、海やプールなど水辺でのデートシーン。実際、男子はどう思ってるの? リサーチしてみたところ、意外にも海やプールでのバッチリメークは、それほど求められていないようです。男子の皆さんの意見をご紹介します。

1.眉メイクのみでOK

「最悪、眉毛があればいいと思う」(26歳/営業)、「どうせ落ちるんだから、眉さえあればいいのでは?」(28歳/IT)

海・プールのデートでがっつりメイクをして、結果メイクが崩れしまっては、男ウケは狙えません。最低限の眉メイクは抜かりなくしていきましょう。
また、眉メイクに加えて、リップメイクをすこしするだけで、海・プールデートっぽいラフさを演出することができます。ウォータープルーフの眉マスカラ、グロスを手に入れておきましょう。

2.日焼け止めは必須

「彼女にはあまり日に焼けてほしくないので、日焼け止めを塗るくらいでいい」(31歳/保険)、「メイク以前に肌を焼かない対策をしてほしい」と語る“色白美肌重視”系男子も。

特に「肌きれいだね」と褒めてきたり、肌の荒れ具合を見て「最近疲れてる?」と聞いてくるような「肌フェチ」な彼には、こうした傾向が強いようです。
並んでみたら、彼の方が色白でがっくりされないように、今すぐガード力の高い日焼け止めを手に入れておきましょう。安い日焼け止めで、肌を痛めてしまわないよう注意してくださいね。

3.太陽の下だから日焼け系メイク

「あえてナチュラルなそばかすを描いてほしい」(28歳/アパレル)、「健康的に焼けてる子のほうが好きなんです」(33歳/商社)など、日焼け系メイクも一部の男子に人気。

もとが色黒な女子は、無理に白くするより健康美をアピールしてみてはどうでしょうか。
すこし色の濃いファンデを使ったり、お洒落系そばかすを描いてみることで、「日焼け感」を演出できます。濃いファンデやそばかす用のペンシルを手に入れておきましょう。

4.アイメイクは重要

「アイメイクだけはきちんとしていてほしい。そのほうが絶対かわいい」(27歳/広告)というように、アイメイクを重視する声も。

普段からすっぴんよりも完璧なメイクを好む男子は、海やプールの場でもアイメイクをきちんとしてほしいようです。目の周り真っ黒なパンダ目にならないために、ウォータープルーフのアイライナーやマスカラを手に入れておきましょう。

5.「ほぼすっぴん」なすっぴんふうメイク

「もともとすっぴんが好きなのですが、完全に何も手を加えないのはちょっと。超ナチュラルメイクですっぴんふうを作ってほしい」(26歳/コンサル)なんて声も。

元が可愛い子に限るんでしょ…、実はすっぴんふうメイクほど、時間がかかるのですが…、という言葉は飲み込んで、ナチュラルな肌作りのできるファンデや日焼け止めを手に入れておきましょう。

おわりに

いくら頑張ってメイクしても、最終的には落ちてしまう海・プールでのメイク。限りなくすっぴんに近い顔でも許される貴重なシーンなので、薄メイクを楽しんではいかがですか?

(池田園子/ハウコレ)

<おすすめの記事>


関連記事