ダイエットには〇水!美肌には・・・?効果別ミネラルウォーターの選び方


沢山のミネラルウォーターが発売されていますが、みなさんどんなお水を飲んでいますか?お水には、「硬水」と「軟水」があるのはご存じだと思いますが、その違いや効果についてはご存じでしょうか?今回は、ミネラルウォーターの違いや効果についてお伝えしたいと思います。

軟水と軟水の違い

水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれていて、水1000mlに溶けているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量を表した表記を「硬度」といいます。一般的には、硬度0~100mg/lを軟水、101~300mg/lを中硬水、301mg/l以上を硬水と分けています。
大地に染み込んだ雪や雨は、地層中のミネラルを含み再び湧き上がってきます。ですから、アメリカやヨーロッパなど大陸の国々では、水が地層に滞在する時間が長いためにミネラルを沢山含んだ硬水となりやすく、日本やイギリスなどの島国では、地層での滞在が短いためミネラルの少ない軟水となりやすくなります。

ダイエットに効果があるのは?

気になるダイエットに効果のある水ですが、ズバリ「硬水」です。ミネラルは、私たちの身体に必要不可欠な存在で、身体の機能を維持したり調節する役割があります。つまり、ミネラルバランスが良いと身体の機能が滞りなく働き、代謝の良い太りにくい身体が作られるということです。また硬水に多く含まれるマグネシウムには便を柔らかくする働きがあるので便秘を解消する効果もあります。

美肌に効果があるのは?

美肌作りには、軟水がおススメです。軟水のミネラルバランスは人体のミネラルバランスに近いと言われています。そのため体内への吸収が良く、飲むだけでなくシャンプーや洗顔にも軟水がおススメです。日本人の肌や髪がキレイだといわれるのには、日本の水が軟水だからだ、とも言われています。

ダイエットに効くお水の飲み方

便秘がちの方は、朝起きてすぐにコップ1杯のお水を飲むと、腸の働きが良くなり便秘に効果的です。食べ過ぎてしまう方は、食前にコップ1杯、さらにお食事中も意識してお水を飲みましょう。間食がやめられない方は、炭酸水を飲むと空腹がまぎれます。

美肌に効くお水の飲み方

美肌作りのためには、こまめに軟水を飲むようにしましょう。軟水は身体に吸収されやすく、吸収されたミネラルが血液やリンパ液を通じて全身に栄養を運びます。また、炭酸水もおススメです。炭酸水には二酸化炭素が含まれています。体内に二酸化炭素を取り込むことで、身体は酸素の濃度を高めようと血液の巡りを良くします。血行が良くなることで、クマやくすみといった肌トラブルの改善につながります。

終わりに

いかがでしたか?身体にとって、ミネラルはとても大切です。ダイエットだけでなく、パンやパスタ、肉などの洋食が多い方もミネラルが不足しがちですから、硬水を飲むと良いでしょう。硬水の味が苦手、という方は無理して飲む必要はありませんが、炭酸水など、硬水でも飲みやすいお水もありますので、ぜひチャレンジしてみて下さいね!

(岩田麻奈未/ハウコレ)