2013.08.27

要注意!束縛系男子の特徴・5選


付き合ってみたら、「他の男と話さないで」「何時に誰と会うのかいつも連絡して」等と言ってくる束縛男子が実はこの世にはたくさんいます。束縛をされることで愛されているな、と感じる女性には良いのですが、正直そんなのは願い下げという人にとって、付き合う前に彼が束縛したがりかを確認しておいたほうが良いのではないでしょうか。
そこで今回は、アンケートで分かった束縛彼氏の体験談から、その特徴をご紹介します。

1. 自分に自信がない

「付き合う前は「忙しいのにわざわざ時間作ってくれてありがとう」なんてメールしてくるような奥手で草食なひとだったのに、付き合ったら束縛がきつくて参りました。」(25歳・販売)

束縛する男性というと、発言が上から目線のことが多いイメージがありますが、気弱そうな男性だからといって油断はできません。
自分に自信が持てない男性は、彼女が自分から離れていくことが心配でならず、どうしても縛り付けたいと思ってしまうのかもしれませんね。気が弱そうだから付き合ってもなんでも許してくれそう♪なんて安易な考えでは罠にハマるかも?

2. 元カノが「束縛されたがり」だった

「元カノは携帯も見せてくれたよ!と言って私の携帯をチェックしようとしたときは焦りました」(26歳・IT)など元カノを引き合いに出される人も。
元カノが束縛して欲しいタイプだったり、お互いに束縛し合っていたりすると、それが普通だと思ってしまい、クセが抜けないようですね。付き合う前に前の彼女がどんな子だったのか、さりげなく聞いてみると良いのではないでしょうか。

3. 高嶺の花だと思っている

男性からの意見としては「美人でモテそうな彼女だと、どうしても束縛せずにはいられない」(29歳・不動産)という意見がありました。自分に自信がないというより、モテそうな彼女だといつ誰に口説かれてもおかしくないと思って、もしかして浮気しているのか?と疑心暗鬼になってしまうのだとか。

モテる自信がある人や、付き合う前に彼があまりにもあなたを高評価しているようだと、彼からの束縛には気をつけたほうがいいかもしれません。

4. 独占欲が強い

「誰かに物やお金を貸すことが嫌いな彼は、私を自分の所有物として考えていたようで、誰か友達と会うだけでその相手に嫉妬して大騒ぎになりました。」(25歳・事務)

俺のものは俺のものでしかない!というような、所有物に対してのこだわりが強い男性は、彼女を俺のものと考えて束縛する傾向があるようです。
付き合ったからには男性の中には「彼女を俺のものにしたい」という欲求があります。その欲求が強ければ強いほど、彼の束縛欲はあるといえます。

5. 心配性

「夜道が危ないからとバイト先まで送り迎えをしてくれましが、その後飲み会や友達との遊びにまで心配だからと送り迎えをすると言ってきました。遅くなると彼から連絡が来たりして親のようで面倒でした」(21歳・学生)

いい意味で気が利く男性は、細かいところに気がついては色々なことが心配になります。あなたがほかの男性と笑顔で話していると、様々な想像をして勝手に不安になってしまうのかもしれません。気が利くのも度を越すと束縛になりそうですね。

おわりに

放置されるのも嫌だしやたら束縛してくるのも嫌だし、男女お互いの加減が難しいですよね。どっちかと言えば自由にさせてほしい派の方は、付き合う前にお互いの価値観が合うかどうかチェックしてみることをお勧めします!

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事