2013.08.29

恋ができない「イジケ女子」の特徴・4選


彼氏がいない間、「恋愛って?」「私に合う人って?」「モテるって?」と考えるうち、いつしか時は過ぎ、彼氏いない歴がどんどん更新されていく…そんな人はいませんか?ぐるぐる考え続けた結果、「この人は違う」「私がしたいのはこんな恋じゃない」「わたしなんてどうせ」と、よくわからない恋愛観を持ってしまった、イジケ女子。今回は、そんなイジケ女子の特徴とその対処法を、20代女性への取材結果を交えながらご紹介します。

1.理想が高い

「完璧な理想があるから、それ以外の人はちょっとなあ、と思っちゃう。私に好意をもってくれてる男の人がいても、全然理想のタイプじゃないから「とりあえず付き合ってみよう」とかもできない」(25歳/教育)

「どんな人が合うのか」はおそらく恋愛経験の中でトライ&エラーを繰り返すうちに分かってくるものだと思いますが、経験ではなく自分の頭の中でぐるぐる考えるうちにやたらと理想が高くなってしまったタイプ。一度友人などに「理想高すぎ!そんなんじゃ一生無理だよ!」とズバッと斬ってもらった上で、複数の男性と広く浅く交流したり、凝り固まった理想や考え方を解したほうが良いかもしれません。

2.元カレを美化

「今になって、ホントに元彼はイイ男だったなーと思うんです。顔も好みだったし、いい会社に務めてたし。そういう面でスペックが高かったから、なかなか他にイイ人と出会えないのかも」(27歳/保育士)

思い出というのは美化されるものですが、新しい恋愛で上書きされることのないまま時が過ぎると、その修正度合いはかなりのものに。そうすると、周りの男性誰もがイマイチに思えたり、「私はあんなイイ男と付き合ってたんだから」と、勘違い女になってしまったりと、メリットは何もありません。元彼を知る友人などに「私の元彼って、ぶっちゃけどうだった?」と聞いてみてください。案外、いまあなたの周りにいる男性と変わらなかったり、むしろそれ以下だったりするかもしれません。

3.自己肯定ができない

「私みたいなのに話しかけられても迷惑だろうし、「勘違いしたブスが話しかけてきやがった」とか思われてそうでムリ。もう見てるだけでいいです」(19歳/大学生)

ものすごくネガティブですが、共感できる方も多いのではないでしょうか。ただこの「迷惑がられる」という気持ち、「迷惑な顔をされて傷つきたくない」というのが隠れた本音。確かに、告白してフラれてしまえばさすがに傷つきますが、人は皆、誰かから好意をもたれるというのは嬉しいものです。あまりネガティブに考え込まず、いろいろな人と楽しく交流することで、「人と関係を持つこと」に慣れていきましょう。

4.肉食男子に引いちゃう

「すごいグイグイ責められると引いちゃう。なんで私みたいなヤツにそんな攻めてくるの?!何が目的?!ってなって拒絶。本当に私のことが好きだったのかもしれないですけど、あんまりこられると逃げたくなるんですよね」(24歳/飲食)

もともとモテるタイプではなかったり、恋愛経験が少ない人にありがちなパターン。あちらからグイグイ責められると不信感や恐怖しか感じず、たとえそれが第一印象で「ちょっといいな」と思っていた相手でも、とにかく逃げたくなってしまうのだとか。しかも、このタイプにはオクテ女子も多く、「自分からはいけないけどあちらからもあまりグイグイ来られると引く」という厄介な問題を抱えています。自分のことをよく知っている友達に紹介してもらったり、グループ交際から初めて行ったほうが良いかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?「わたしってイジケ女子かも…」という方もいらっしゃったのではないでしょうか。ちょっと新しい場所で視点を変えてみれば新しい恋に出会うかもしれません。ぜひ参考にしてくださいね。

(Sakura/ハウコレ)

関連記事